真の教育のための学校 NOW

Normalized Organism for the World

new

2019 / 01 / 07  07:18

世界的ムーヴメントは、既に始まっている

 

このところ、何か発露がある度、同じメッセージを受け取りました。

 

「それも素晴らしいが、そのことをしている場合ではない。時間的猶予がないのだよ。最も大切なことから始めなさい。」

 

度々、その様に告げられました。

年末から年始にかけて、「ぜひさせていただきたい」と内発する、様々なことがありました。

手紙やメイルに電話、動画の編集、発振などなど・・・

既にご縁のある友人や知人に、ご挨拶やご報告をしたり、この大いなる潮流について分かち合う発露は、終始湧き上がってきていました。

 

しかし、殆どの場合、冒頭の様に、

「それも素晴らしいが、そのことをしている場合ではない。時間的猶予がないのだよ。最も大切なことから始めなさい。」

と、穏やかに諭されました。

 

発露への一致感は根強く、「何が最も大切か」を、にわかには捉えられず、度々、長時間の瞑想をしました。

その中で、昨夜(1月6日)、答えを受け取ることが出来ました。

 

「これまでご縁のある人たちには、既に充分伝えているし、充分伝わっている。後は、彼らの発露に委ねなさい。あなたは、あなた方のような人に出会い、伝えて行かなければいけない。」

 

それを伝えられて、はたと、これまでの「自分たち」を振り返ることができた。(以降、文体を「敬体」から「常体」に切り替える。)

 

・2016年秋、一枚の聖者の写真を見て、その無限の愛と宇宙のメッセージを受け取り、まだ会ったこともないその聖者について、伝え得る全ての人に紹介した。

・結果として、その一ヶ月後のダルシャンとサントサンガ(聖者の拝謁と講話)には、ご縁の中から、子供も含め100人近い人が参加した。

・「アートマ・クリヤ・ヨーガ」という響きに、「今こそ受ける時」とメッセージを受け取り、自らも未体験のその講座に、同志を集め、会場を押さえ、講師を招き、参加した。

・以降も度々、同様に、同志を集め、会場を押さえ、講師を招き、開催した。

・これらの結果、ご縁の中から、既に約50名の人がアートマ・クリヤ・ヨーガの伝授を受け、約150名の人が、ダルシャンやオーム・チャンティング(古代のグループヒーリング)を体験している。

・今後も、更に増え続けるのは、間違いない。

・そして、共に神実現に至るに違いない。

 

「あなた方のような人」という思いがけないキーワードに、メッセージの意味を理解した。

 

そういう人たちと、どんどん出会い、この流れを共有して行かなければ、このムーヴメントは、本来の流れを辿れない、ということだ。

 

これまでの、一連のメッセージの意味を理解した。

「2019年内に、1200人のオーム・チャンティングを行なう」という、かなりの突破を要するメッセージとも符合する。

「 ◆ 至高の目的 」という一連の文章を書かされている意味も、理解できる。

また、今朝、NOWのホームページ内に、新たに【NOW放送局】というページも作った。そこに、これからも、どんどん新しい動画をアップすることになるだろう。即ち、どんどん新たな出会いが用意されている、ということだ。

これらは、全て、同じメッセージである。

そこに、宇宙の本氣を感じる。

 

このことを理解でき、また、こうして分かち合えることに、深く感謝している。

OM namo NARAYANAYA(オーム ナモ ナラヤーナヤ)(これは、サンスクリット語のマントラ(真言)で、「この大いなる、唯一なる、全てなる宇宙大生命に、全てを捧げます」という祈りであり、「在るは、大いなる響き、大いなる実在のみ」という真理であり、それ以上のマントラである)

 

改めて、感謝の祈りを捧げる。

OM namo NARAYANAYA(オーム ナモ ナラヤーナヤ)

 

2019年1月7日

真の教育のための学校 NOW

鶴飼哲也

 

2019.01.24 Thursday