Sarva Dharma Centre NOW

私たち万類は、いよいよ大いなるイノチとして、ひとつに共鳴する時を迎えています。その光の起点となる人たちが、神縁によって次々に結ばれ続けています。ありがとうございます。

 0745-88-9014
お問い合わせ

new

2021 / 03 / 25  22:18

アートマ・クリヤ・ヨーガの体験談には、人類的価値がある!【 体験談 ② 】

執筆:奥野裕紀子 奥野裕紀子.jpg

いつもありがとうございます。

本日も、3月24日の記事【体験談①】に続き、4名のアートマ・クリヤ・ヨーガ体験談を、皆様にお届け致します。

一人一人が、実に興味深い体験を、シェアしています。

どうぞ、ご覧ください。


////////// 

 

由梨.jpg 吾妻 由梨(奈良県)

皆様、初めまして。
私は、奈良県の田舎町で、4歳~16歳までの4人の娘達と、林業をしている主人と暮らす主婦です。昨年は野菜や米作りにも挑戦しましたが、お花を育てることには、特別溢れるものがあります。また、アートマ・クリヤ・ヨーガ・ティーチャー馬渕貴子のアシスタントというお役を授かり、日々大切に向き合っています。

アートマ・クリヤ・ヨーガとの出逢いには、大きな必然を感じています。
以前、ある人に、人生で最高のプレゼントが与えられるとしたら何が欲しいかを尋ねたことがあり、その方の答えは「悟り」でした。

当時の私は、「悟り」や「神実現」という世界は、どこか遠く他人事で、子育て中の母親がその道を目指すことなどあり得ない、無理だとどこかで制限していました。

ですが、魂は決めていたのでしょう、必然的に「NOW」と出逢い、アートマ・クリヤ・ヨーガと出逢い、人生の師と出逢わせていただきました。

アートマ・クリヤ・ヨーガを受講して1年ぐらい過ぎた頃、忙しさを理由に、毎日、「最低限の必須メニュー」だけを、何とかギリギリ行うのが習慣となっていました。そんな時、再受講する機会があり、その時に、アートマ・クリヤ・ヨーガと出逢えている意味とその価値の大きさを実感し、「アートマ・クリヤ・ヨーガを真剣に行いたい!!」という衝動が内側から突き上げるように起こりました。再受講でのレクチャーを通じて、心底実感することが出来たからだと思います。

その後、毎日のヨーガスケジュールを立て、ほぼすべてのメニューを奨励されている最大の回数行うことを心に決めて実践しました。時間は1日45分~1時間30分、日によっては、2時間になることもありましたがとにかく夢中でしたし、何より行なう程に、深くアクセスする毎に、ただただ幸せを実感する体験でした。

それから1週間が過ぎたころ、意識の変容に追い付くように身体の変化が訪れ、吐き気や頭痛、全身のだるさと眠気など、様々な症状が一気に出ました。

「個人差はあるが、その様な変化(症状)が起こる場合がある」とティーチャーから聞いていたので、私は、「来たな。」とポジティブに受け取ることが出来ました。それはまるで、透明な水の下にある沈殿した泥が、一氣にかき混ぜられて泥水になったような状態で肉体的にも、精神的にも大変な時期もありました。その時は、嵐が過ぎるのを待つかのごとく、ただひたすらマントラを唱える日々でした。今、マントラと共にいつも在れる(体質化した)のも、この時のお陰です。

その後、見える世界が一変しました。
接する相手の対応も、まるで別人のように変化しました。

「自分が変わると世界が変わる」と耳にしますが、それを驚く程に実感させていただきました。本当に、外側の世界というものは無く、全て内側の投影でしかないのだと。

そして、アートマ・クリヤ・ヨーガを実践する中で、私は、正に『神を実現』するために、イノチをいただいて来たのだ、と自覚する瞬間がありました。明確な意志を持って来たことを実感する特別な体験でした。

自分だけの力では、どんなに時間を懸けても到達出来ない領域に、こうして導いていただけたのは、講習会の最後になされる『シャクティパート』の特別な恩恵だと実感しています。

アートマ・クリヤ・ヨーガは、純粋にインテンション(意志)を示すことで、必ず「悟り」、「神実現」へ到達することが約束された道です。

計り知れない無限の恩寵に報いる事など到底出来ませんが、アートマ・クリヤ・ヨーガの実践を通じて、神実現へのインテンションを示し続けること、感謝と喜びと共に行うことがとても大切だと感じています。

全ての全てにありがとうございます。

吾妻 由梨

 

 

友成アイコン.jpg 岩井 友成(三重県)

私は、一人娘を持つ、シングルファーザーです。会社で働く傍ら、太陽礼拝のティーチャーもさせていただいています。

AKYに初めて参加させていただいた時は、行うことによってどうなるか、ということに、いまいちピンときておりませんでした。また、思考を巡らせず、意識も身体もじっとしている時間というのを勿体なく感じる性分でしたので、このことに毎日自分の時間を費やすの?正直やらないだろうな、、、と思っていました。

それでも、AKYに出会えたことがどれほど恩恵に満ちたことであるか、という周りの方の言葉を頼りに、一日最低限これだけは行ったら良いということを、量より質という意識で続けていました。

そんなある時、呼吸をしているだけで、ただただ幸せで、ずっとこうしていたい、そして、呼吸もいつまでも止めていられる、という感覚を味わったことがありました。

その後も、ごく稀に、そのような体験を味わうということが続いています。

それで自分の何がどうなったか、ということは今でもよく分っておりません。ですが、「ただ在る」というだけで、いかに素晴らしい体験をさせていただけているのかを気付かせていただきました。

 

 

上田井保子.jpg 上田井 保子(徳島県)

はじめまして。
私は、子育てを終えた主婦です。書道教室を主宰し「道(神様への道)」を求め続けています。

2017年に、初めてアートマ・クリヤ・ヨーガ(AKY)を受講しました。
とりあえず受けてみようと、知識も無く参加したので、内容を理解出来ませんでしたが、何とか2日間の日程を終える事ができました。

講座の後、テキストを家で何度も読み返しながら実践し、覚えていきました。毎日やってみると、次第に自分の内側が変化していってる事が、実感できるようになってきました。

最近では、ババジやグルジが呼吸と共に入ってき、マインドやカルマを浄化してくださっているという実感が出てきました。

AKYを始めてから、感謝する気持ちと意欲が湧いてき、忍耐力、集中力、体力もついてきました。

「神様なんて どうせいない。」「信じられない。」と思っていた頃が嘘のようです。

今は、「神様は、いつもそばにいてくださっている。感じていないのは、私が神様を忘れている時だけ。」と思えるようになりました。

AKYを伝授して頂いたのは、奇跡であり、この喜びをたくさんの方々と分かち合いたいと思っています。

 

 

 清歌アイコン.jpg 馬渕 清歌(長野県)

こんにちは。わたしは、元気な二人の息子の母であることは間違いないのですが、自己紹介をするのがとても難しいです(笑)何故なら、現象的には、とても沢山のことをしていて、しかし、それは、いつもたった一つのことだからです。

農園の主、バジャン奉納の主催者兼演者、パーカッション講座講師、アートクリエーター(作詞作曲・絵画)など様々ですが、そのいずれでもありません。私を通して展開しようとする何か(ダルマ)の通りに生きているのです。

これほどはっきりとダルマを瞬瞬と認識できるようになったのは、アートマ・クリヤ・ヨーガ(AKY)に依るところが大きいです。


わたしがAKYを初めて受講したのは、2017年2月でした。受講後のわたしは、なんとか毎日やってるという感じで、喜びや楽しい感覚はあまりなく、結構苦痛(笑)だった記憶もあります。

これは、信頼や集中力の度合い、マインドの静けさも関係あるでしょうが、何より私の内側の「感謝の度合い」が最も関係していたと、今ならわかります。

「感謝」が極端に少ない為に、苦痛やストレスが大変多かったのです。

まず、AKYを続ける中でこれをわからせてもらえたことが、わたしにとっては大きな飛躍、秘薬??!!であり、変化とシフトの第一段階だったのではないかと感じています。

当時わたしは、大変恵まれた環境下にいて尚、何がそんなに気に入らないのか自分でも分からない中、一つの大きな原因は「感謝の欠如」であることに気付き、、、「感謝が感じられる自分になる為にこそ、このAKYをしたらよいはずだ」と、頼みの綱のように、すがるように行なうようになりました。

(本来、こういったことは「No Expectation・・・」一切の期待を持たず、ニュートラルに行なうべきなのですが、当時は、こんな風にこじつけないと出来なかったのかもしれません。)

そして、義理人情や建前ではない「本当の感謝」が少しずつ湧いてくるようになり、自身をいたわることや、呼吸の状態やその変化に敏感になりました。その結果、自然と、人の状態、状況も客観的によくわかるようになりました。
興味と関心の質も勝手に変わってきました。

これが、周囲にある愛を感じられるスタート地点だったかもしれません。
だんだんと力が抜けて自他共に一つで在ることの認識力、神への信頼も湧いてきました。

同じ頃、人の「意識状態」の影響力がどれほど大きいかを実感し、「意識状態こそが核である」ということが、はっきりとわかるようになりました。同時に、思い方や感じ方の癖はとても恐ろしいものだともわからせてもらいました。

AKYを真剣にやり始めてからではないでしょうか、こういうイノチとして大事な感覚と認識が、クリアに起きるようになったのは。

それまでも、知識として頭では理解しているつもりでしたが、さっぱり波動も体験も伴いませんでしたので、AKYはまさに、「体験の為の体験」でした。そして、やり続ける内に、自身も許しが増え、真の癒やしが何かが、体系的に理解させてもらえた感じがします。

凄いですね、神様って。
今は、本当にそう実感しています。

ありがとうございます。

清歌 拝

 

//////////


既にアートマ・クリヤ・ヨーガを日々されている方は、どうぞ、ご自身の体験談もお寄せください。その体験談が、どなたかのハートに響き、新たな可能性を開くことになるかもしれません。

アートマ・クリヤ・ヨーガのページに掲載させていただきます。

ご縁に感謝しています。
いつもありがとうございます。

Sarva Dharma Centre NOW
総務 奥野 裕紀子

 

アートマ・クリヤ・ヨーガの体験談には、人類的価値がある!【 体験談 ① 】

アートマ・クリヤ・ヨーガの体験談には、人類的価値がある!【 体験談 ③ 】

 

 

人類の至宝「アートマ・クリヤ・ヨーガ」のページは、こちら

 

 

 

2021.10.16 Saturday