Sarva Dharma Centre NOW

私たち万類は、いよいよ大いなるイノチとして、ひとつに共鳴する時を迎えています。その光の起点となる人たちが、神縁によって次々に結ばれ続けています。ありがとうございます。

 0745-88-9014
お問い合わせ

祝之神事(はふりのしんじ): 神と人とを一如に結ぶ秘宝


私たちは、大変有り難いことに、この秘中の秘、祝之神事(はふりのしんじ)を執り行うお役を預かっていらっしゃる、大変素晴らしい人物とのお出遭いを許されました。

祝之神事とは、長い歴史の中で、天皇陛下ただお一人のために、毎日密かに執り行われてきた、神力に満ち満ちた御神事です。天皇陛下となられる存在が、、、祈りの力によって天下太平を実現する神人、真の祈り人としての、、、考えられないほどのお役を実現するために、天地の必然によって注がれて来た御神事と言えるでしょう。。。

この地球人類には、まだ精神的な未熟さがあり、「思い通り」を良しとする傲慢さがあります。神仏天地、すべてのイノチある動植物や存在物、、、それらすべてが、たった一つとして共鳴している、この大いなるイノチの完全な整いに、耳を澄ませ、意識を澄ませ、献身したいという、イノチあるものの最も基本的で、自然で、当然の発露が、、、まだまだ乏しい、という未熟さを、私たち人類は、まだまだ抱えています。。。

人類個々人の「思い通り」は、極まれば「支配欲」に繋がり、、、それが強大な勢力として結晶しています。そんな勢力が、、、この日本に脈々と継がれてきたこの神事の無限力を恐れ、その断絶を試みる緻密で熱心な企てを遂行したとしても、、、何ら不思議はありません。

そんな時代の必然の中、、、これまで長年月秘されてきた祝之神事が、、、私たちの様な一般人であっても、、、その人が、愛や調和や祈りに、自分の存在や人生を使っていただきたい、、、という祈りが発露し、、、神縁を与えられた時、、、その機会を授かる道が開かれたのは、左程昔の話ではありません。

祝之神事やそれを預かってきた系統については、随分以前から折に触れ耳にしましたが、その流れや中心者は複数存在します。そんな方々が書かれた文章や語る動画を見たことはありましたが、、、その数少ない経験の中では、完全な共鳴を感じたことはありませんでした。

令和二年八月に天縁授かったそのお方は、、、力や働きや現象の整いや奇跡などを思わず、語らず、、、ただただ朗らかで、謙虚で、清々しい。。。彼を知る人が皆、彼を親友の様に愛するのは、彼が、神仏天地、師、ご縁の人々やすべてを、、、たった一つの大いなる一つとして、愛して止まないからでしょう。。。

そして、彼と同じ境地に立った時、、、彼がどれほど命懸けであったかを識り、、、きっと大いに驚くのでしょう。。。

彼は、これまで、京都と大阪にて、基本的に月に1回ずつの祝之神事をご提供くださっていますが、、、いつも早々に満席になります。時に、追加開催も成されますが、、、今後、東海や関東での開催も、きっと生まれて行くのでしょう。。。

最新の日程:4/10土,17土(大阪)


彼のお名前と会の名は、ここで明かすことはできません。まだ人類には未成熟な感情があり、その影響力が、自分や相手にどれ程大きく跳ね返っているかを自覚していません。そのリスクから、彼は、ご縁の人たちを守る責任があるからです。

しかし、この記事をご覧になって、魂の必然を自覚された方は、ご遠慮無くお問い合せください。神官にして審神者のHさんにお繋ぎすることができます。

お問い合せは、こちらから。)


この祝之神事も、アートマ・クリヤ・ヨーガと同様、この大きな時代の転換点において、決定的な光です。事実、これまで祝之神事を通して神なる自己の自覚を深めてきた人たちが、、、次々にアートマ・クリヤ・ヨーガを受講されているだけでなく、、、アートマ・クリヤ・ヨーガを通してそれを深めてきた人たちも、次々に祝之神事を体験しています。この流れは、人類の神実現の一大潮流、、、その大いなる可能性に直結しているのは間違いありません。そして、その流れは、今後一氣に加速するでしょう。。。

この様な尊いご縁を結ぶ機会を授かり、すべてのすべてに感謝しています。

彼のニュースレターを、文末に幾つか転載しています。最新の参加要項と併せて、その素晴らしい響きを、ぜひご堪能ください。

合掌 九拝
ありがとうございます。

Sarva Dharma Centre NOW
共同代表 鶴飼哲也


/////

(参加者へのメッセージより)

ご神事にお申し込みいただいた皆さまへ
 
◆ご神事の目的を、改めて申し上げますと
ご神事のときに、参加者にご縁のある神さまがお出ましになられたり、その方へのメッセージをくださったりしますが、これがご神事の、本来の目的ではありません。
我々は、この世に生まれて今までだけではなく、いくつもの過去生の間に、造りに造り、積み重ねた、カルマを背負っています。
このカルマには、正と負の両方がありますが、我々を襲う災いや不運、不幸は、負のカルマがもっとも深く影響しています。
この負のカルマを、祓所(はらえどころ)におわします神々に、「体の中にお入りいただいて」祓い清めていただく、すなわち、消滅していただくのが、ご神事の目的です。
そして、この祓い清めを繰り返して受けていただくことで、やがて、人によって遅速はありますが、自分の「魂の故郷」に到達します。
これが、目覚め(覚醒)です。
覚醒したときに、我々は一人残らず、「生まれながらにして神であった」ことが、明らかになります。
この覚醒体験以降は、日常生活を「神として生きる」ことになり、これを「神(かむ、かん)ながら」と呼びます。

さて、今月○日の御神事の会場をお知らせします。(後略)

 

/////

 

(令和三年四月号)

 

《 やまと心とは? 》

3月は暦の上ではもう春ですが、私の住む北陸地方でも、桜が例年よりかなり早く開花し始めていて、芽吹きの命の気は、そこかしこで充足しているのを感じます。

さて、この季節になると、自然と口をついて出るのは、本居宣長が61歳のときに詠んだといわれている和歌です。

 

「敷島(しきしま)の大和心を人問はば、朝日に匂ふ山桜花(やまざくらばな)」 

敷島とは我が国を指す言葉です。

 

近年は、ブログやFacebook等のSNSを駆使して、あるいは講演会や著作を通じて、自己の主張やPR等を行うことが当たり前のようになっています。

しかし、我が国では、山の木々に埋もれ、人知れず咲く山桜のようであっても、やがて、その人の徳が、光や芳香を放ち、求めずとも、世の人々に知られるのを理想の姿としてきました。

すなわち、「やまと心」とは、朝日に照らされ、里にまで香りが届く山桜のような「美(うるわ)しき心」なのです。

 

そのため、古来より、行為、所作、言葉の他、たたずまいに至るまで、それが、善いか悪いかではなく、正しいか不正かでもなく、ただ、美しいか、そうでないかという点を最も重視してきました。

そこに「美(うるわ)しき心」が表出しているか否かを重んじたのです。

その心は今も、我が神道には、受け継がれ、生き続けています。

 

 

➤このご案内を不要な方は、遠慮なくお知らせください。

 

【ご神事の目的】

今世までに造り、積み重ねた、負のカルマ等を祓い浄めることによって、霊性の開発、向上を目指します。

ひいては、我が身は生まれながらにして神であることに目覚め(覚醒し)、「神ながら」の生活を送ることを目的とします。

 

【開催日時】 令和3年4月10日(土)・17日(土)  いずれの日も11:00集合~17:00

・参加人数によっては、開始時間が早くなることがあります。その場合は改めてお知らせします。

・集合してから、着替えます。着替えを忘れずに、ご持参ください。

・昼食は、済ませた上で参加されるか、御行の待ち時間にお取りください。

 

【開催場所】 大阪市内の神社 

 

【定  員】 各15名程度(申込順とします) 各日程とも、若干名の猶予があります。ご連絡はお早めにお願いします。

       

【参加条件】 ・社会一般の常識をわきまえた方

       ・敬神の心の篤い方

       ・天皇陛下並びに皇室への崇敬の念を持った方

       ※ 小さな子供でも、ご神事の間、祝詞を聴くことができれば参加可能

 

【幣  帛  料】 10,000円 (1日に1回だけ受けられる方は、5,000円です)

・紅白ののし袋の、上に「幣帛」、下にはお名前(フルネーム)を墨書し、当日ご神前にお供えください。

・なお、ご神前には穢れたものは避けますので、できる限り紙幣は新札をご用意ください。

※ 大学生以下の幣帛料は、「未就学児は3,000円、小・中学生は4,000円、高校・大学生は5,000円」です。

 

【服   装】 ・白衣、白袴、白足袋が原則ですが、白の作務衣や、白のトレーナーに白いトレパン、白のソックスでも結構です(胸にワンポイントや、トレパンの両横にラインが入っているものでもかまいません)

・真っ白でなくても、生成り色の服装でも差し支えありません。

・少しの間、正座等で座ることがありますので、下はゆったりしたものが理想です。

・下着まで、白いものを着用していただく必要はありません。

・スカートや肌の露出度が多い服は、避けてください。

       

【ご  注  意】  ・神事は、終了までの参加を原則としますが、自分の行が終わりしだい、退出していただいてもけっこうです。

・飲み物等は各自でご用意ください。

 

【申  込  み】 ・次のことを明記して、メールアドレスまでお願いします。
(参加ご希望の方は、NOWまでお問い合せください。信頼関係をお互いに確かめつつ、連絡先をご案内させていただきます。)
now(アットマーク)nowproject.info または、こちらから、ご連絡ください。 

                

①戸籍のお名前。よみかたを( )で併記してください。

②性別

➂参加ご希望の日 (     )日の参加を希望  (  )日と(  )日のいずれか人の少ない日

④緊急時の連絡先電話番号

➄初めてのご参加の方は、「初めて」と明記し、合わせてご紹介者のお名前も併記してください。

              

・お知らせいただいた個人情報は、ご案内や神事等の目的以外には一切使用しませんので、ご安心ください。

 

【申込締切日】 4月5日(月) ※ 毎回定員一杯になります。お早めにご連絡ください。
 

【参加決定のお知らせ】 ご参加いただける方には、締切日の翌日までに、会場をご連絡します。

また、あいにくご参加いただけない方には、ご連絡等は何も差し上げませんので、ご了承ください。

 

【次回の開催予定】 令和3年5月9日(日:大阪)・23日(日:京都)・30日(日:名古屋)  いずれの日も、11:00集合~17:00 

(諸々の事情で変更することもありますので、ご了承ください。)

○○会 主宰 H 拝


/////

 

(令和三年二月号)

 

《 神さまに向き合うために、最も大切なことは? 》

日本神道では、まず最初の大切な心得として「信(まこと)にある」と教えています。

「まこと」という読みに、誠や真という字ではなく、「信」という、人偏に言語の言、の文字を当てている理由は、すでにお分かりのことと思います。

神さまに祈るとき、祝詞を奏上するとき、いずれのときも「言葉」を使用しないということは一度もないからです。

その言葉に、嘘、偽りはむろんのこと、思惑や意図などの他の意識が、たとえ一点でもあれば、それはもはや信(まこと)の言葉とは申せません。

 

では、己の心に、一点の曇りも穢れもない、ということを神さまに表明するために、我々日本人は何をしてきたのでしょうか?

それは、「捧げる」という行為です。すなわち、金品や品物だけではなく、自分の行為、行動を神々に捧げて、己の心は 清明正直(せいめいせいちょく)、「信(まこと)」であることを、神々に表明し、認めていただくことをしてきたのです。

古今東西、さまざまな宗教において、神々に「奉仕する」ということが重視されてきたのは、このような意味があったからです。

 

我々、神官や柱人(はしらびと)は、ご神事の何日か前から潔斎(けっさい。ものいみとも言います)に入ります。

この期間中は、食事の制限など、いくつかの決まりがありますが、普段食べているものを食べないで我慢するなどというのは、とりもなおさず神さまへ捧げる行為の一つです。

現代の食生活においては、完全に順守するのは厳しい面もありますが、それでも毎回工夫をしてやり遂げようとするのは、ご神事において、柱人の一人ひとりが重大な役目を負っているからです。

 

結びに、お言葉を一つ紹介します。「神は、信(まこと)の心を嘉納し給い、初めて動く」

 

/////


(令和三年新年号)

《 神をお迎えするには? 
私は、クリスマスの10日余り前から新年3日頃にかけて、毎年、神聖で、神秘を感じる日々が続くのですが、クリスマス前には必ず口をついて出る歌があります。
それは「もろびとこぞりて」という讃美歌です。
その詞の中の「主は来ませり、主は、主は来ませり」というフレーズのごとく、神(主)にお越しいただくためには、いったい何が最も必要なのでしょうか?
それは「静寂」です。静まりきった心です。
ひとりになって、目を閉じ、、、心を静め、、、祝の神事によって、我が身に神が降臨したときの、、、祝詞のバイブレーションに心身が共鳴したときの、、、そのときを思い起こしながら、、、静かに、ただじっとしている。時間にして、最低でも15分間。
これをほぼ毎日のように、決まった時間に実行していくとき、やがて、外なる神の臨在を感じ、あるいは、内なる神が平安と共に心に訪れます。
日常の喧騒な心の状態では、けっして神をお迎えすることなどできないのです。
令和2年も、残り少なくなりました。皆様には、今年1年たいへんお世話になりました、ありがとうございました。
健やかで、輝かしい新年をお迎えになられることをご祈念申し上げます。


/////

(令和二年十二月号)

《 ついに全開! 》

去る11月11日、天岩戸が完全に開かれて、待ちに待った精神の時代(私は神代の時代と呼んでいます)の幕開けです!

今後、物質偏重の時代は、急速に終わりを告げることになりますが、それとともに、我々は、大きな最後の試練の時を迎えることになるでしょう。

しかし、「何があっても大丈夫!」という世界があるのです。

そこは、いつでも、どんなときも、我々から片時も離れず、一瞬も休むことなく、与えどおしに与えてくださっている、大いなる存在(それを人は、内なる神と呼んだりします)の世界です。

その世界は、我々の普段の意識状態では、見ることも、聞くことも、知ることもできません。

では、何によってその世界を見出すことができるのでしょうか? 

それは、ただ、ただ我が身を神に委ね尽くして、我が神か、神が我か、その境界が消えて一体となったときに、こつ然と姿を現します!

これを目覚め(覚醒)と呼んだりしますが、祝の神事(はふりのしんじ)の目的は、実にここにあります。

今、天岩戸が開かれ、誰もが容易に覚醒できる準備が整っています! 共に、大安心の世界を見てみましょう! 

/////

 

 


※ 日程、開催地、問合せ先の詳細は、こちらから、ご遠慮なくお問い合せください。

最新の日程:4/10土,17土(大阪)

ありがとうございます。
ありがとうございます。
合掌 九拝

 

 

【関連記事】

◆ なぜ、今、祝之神事(はふりのしんじ)なのか。。。 - Sarva Dharma Centre NOW (nowprojectnow.org)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

【】

 

 

 

 

2021.04.18 Sunday