真の教育のための学校 NOW

Normalized Organism for the World
 0745-88-9014
お問い合わせ

new

2019 / 08 / 15  20:16

確かな「導き」に出会う

 

こんにちは。真の教育のための学校 NOWの鶴飼です。
8月10日に、それまでのNOWのトップページをリニューアルすべく、動画を収録する様にガイドを受けました。

今回は、前回の動画の続きを共有させていただきます。(動画は、文章の中程にあります。)

(冒頭からの一連は、NOWのwebサイト、トップページをご覧ください。) ⇒ https://nowprojectnow.org/

 

/////
 

私たち一人一人は、自分自身に相応しい、自分自身の「導き」というものに出会って行くことは、とても大切になってきます。

何故なら、私たち一人一人、そしてこの時代というのは、たくさんの誤解、たくさんの信念を持っています。その信念は、今のところ、まだ人類が未成熟で、真実を捉え切れていない場合が多いです。

例えば、

私たちが別々の存在であるとか、
この肉体が終わる時に、命が終わると思っていたり、
全てが一体であるという実感が湧かなかったり、、、

考えや感情を静めたら、今必要なものは全て氣づくことが出来る、
そして、自分が自分の役割を生きる上で必要なものは、自然と集まってきて、
役割をまっとうすることは、とても心地良く、自然なことである、ということ、
そのことを、まだ、時代としては深く体験していない、

即ち、まだまだ誤解が深い時代であるということは間違いなく言えます。


では、その間違いは何かというと、私たちの考えや感情、記憶、心のパターンによって生じている訳なのですけれども、、、

何故なら、、、
私たちの体験する日常というのは、私たちの内的な意識状態の投影です。
出来事自体は、常にニュートラルなのですが、どうそれを体験するのか、その出来事をどう認識し、体験するのかというのは、その人が発した通り、その人の内的意識状態が完全に投影された形で、その人に返って行きます。

ここに、無限のループが生じるわけですね。

自分の信念を発し、その信念に相応しい出来事が起き、本来ニュートラルなその出来事を、自分が発した通り「やっぱりそうだ、やっぱりそうだ」と体験する、、、つまり、自己の真実が深まる形で、この無限ループが存在しているわけですね。


ここに、一種の固定観念、自己真実があると、その自己真実を通して発し、その自己真実を通して体験するので、つまり、色眼鏡を通り続けるわけです。

で、どんなに自分を感じて、どんなによく考えて、どんなに色んな本を読んでも、この、自分にとっての根深い真実、自己真実が、常に下敷きにあるわけですね。

つまり、ガイドに正しく乗っかって、日常の中から、本来の状態に移行していくことが、非常に難しいのです。

自分の後頭部を生涯見ることが出来ないように、自分自身の顔の皮膚を、生涯直接見ることが出来ないように、(他のみんなが見ているのにね)、私たちは、この日常の一瞬一瞬から真に目覚めて行くということは、非常に難しい、、、その様に作られています。

では、色んなアドバイスや色んな本を受け入れて、正しいと思うものに従っていけば良いかというと、そうではありません。何故なら、社会が既に誤解に満ちているからです。


しかし、全員が誤解したまま生きている訳ではありません。

この宇宙大の真実をはっきりと感得し、それと一体となって生きている「導き手」というのは存在します。

ですから、私たち人類一人一人は、これから、自分自身に相応しい導き手に出会うということは、とてもとても大事です。


動画は、こちら

 (2019年8月10日 撮影)

 

インドでも、中国でも、日本でも、ヨーガの世界でも、仏教の世界でも、あらゆる宗教や芸事の世界でも言われていることがあります。それは何かというと、

「あなたに準備が出来れば、あなたの師は、あなたの目の前に現れる」

これは、真実です。

私たちに準備が出来たら、私たちの準備に相応しく、私たちの導き手は、私たちの目の前に現れます。


それは、人としての姿を持っている場合や、書籍や、夢の中や日常の中の閃きや氣づき、、、色々あるかもしれません。ですが、自分の成長や変化に伴って、確実に、的確に、導きに沿って生きるためには、やはり最初の内は、そして、最終的にもそうなのですが、実際に会うことができ、姿を見て、言葉を聞いて、会話が出来る導き手の存在は、とても重要になってきます。

自分自身の誤解から解放されるため、そして、魂の大きな宿題をクリアするためにも、とても大事ですね。

ですから、そういう存在に出会えた人は、本当に幸せだと思います。


声なき声の導きに従って生きる、ということが出来る人もいます。しかし、その人達というのは、もう、ほぼ分かってしまっている、ほぼ実感できている、ほぼ繋がってしまっている状態ですね。

でなければ、どうしても、大きな誤解、自分の自己真実という下敷きの影響から抜けることは、非常に難しくなっています。ある意味、とても危うい状態にもなりかねないわけです。

ですから、導き手に出会うことは、大事になってきます。

 

また、そういう導きに出会ったり、真実を内的に実感する、垣間見るような体験も、目覚めていく過程で必ず何度かあります。

そういう道を進んでいく上で、とても大切になってくるのは、やはり、同じ道を歩む同志達の存在ですね。先輩や後輩や仲間達がいて、そのことに集中しているコミュニティーが存在していることというのは、とてもパワフルですね。とても大切な存在です。

それが在ると無いとでは、その道を生きるスムーズさが、天と地ほどの差があると言っても良いと思います。


真の教育のための学校 NOWは、その為に在ります。

どのためかと言いますと、

・自分に相応しい導き手に出会うため、準備をするため、

・そして、導きに出会った後、共に成長して行く同志、同僚、

・そして、その機会と環境、

そういう日常のために、真の教育のための学校 NOWは、存在しています。


真の教育のための学校 NOWには、固有の導き手、聖者、賢者、固有の宗派宗教、聖典というのは、ありません。

私たちが、集中するように導かれているのは、その、共通するエッセンスの部分です。

ですから、私たちと非常に深い友情、信頼関係がある人の中に、それぞれ別々の師に出会って、その導きを得ている人たちは、実にたくさんいます。

それが、真の教育のための学校 NOWの特徴です。


色んな聖典や宗教の、最も核となる神髄の部分をしっかりと見つめて認識すると、全く同じことを捉えて、分かち合おうとしていることが分かってきます。

ですが、時代によって、導き手の性質によって、そして、その導き手に集まってくる人たちの性質によって、アプローチの仕方が、それぞれちょっとずつ違ったりします。エッセンスが同じでも。

ですが、これは決して別々のことではないんです。


では、ごちゃ混ぜにして良いのかというと、そうではなくて、やはり、どの人も完全にこの宇宙と一体化するまでは、道を一つに定めるというのは、非常に大事になってきます。一人の師、一人の導きに没頭し、通り抜けてしまうというのは、非常に大切です。選んだ登山道をちゃんと辿って頂上まで行ったら、みんな一つの眺望を分かち合えるようにですね。

こっちの登山道もイイな、あっちの登山道もイイなと、あっちやこっちやと横歩きをしていると、崖があったりで危険なばかりでなく、いつまでたっても頂上に行くことは出来ません。

井戸もそうですね。あっち掘ってみよう、こっち掘ってみようと、浅くあっちもこっちも掘っていたら、本当の水脈、エッセンス、源に辿り着くことが出来なかったりします。


ですから、「これだ!」という道に出会ったら、そこに全存在を掛けて集中するというのは、とても大切なアプローチです。

 

ですが、どの登山道を上っている人も、どこの井戸を掘っている人も、常に、今、この瞬間から心ひとつに共有できるアプローチの仕方があります。

NOWは、そのことも広く分かち合って行きます。


それは、何かと言いますと、

あなたが今出会っている『最高の祈り』は何ですか。
あなたが今知り得る最高の祈りを、時を合わせ、心を合わせて、共に宇宙に捧げようじゃないですか。


このムーヴメントも、NOWは、広く社会に、世界に分かち合って行きます。

 

/////


今回は、ここまでです。
次回は、いよいよ、非常に具体的な核心部分に入ります。

この道を共に進める恩恵に、無限の感謝を捧げます。
いつもありがとうございます。

真の教育のための学校 NOW
鶴飼哲也 

 

無料のE-mailニュースレター(不定期)のご登録は、こちらから 

2019 / 08 / 12  20:43

私たち人類が、これから共に体験して行くこと

こんにちは。真の教育のための学校 NOWの鶴飼です。
8月10日に、それまでのNOWのトップページをリニューアルすべく、動画を収録する様にガイドを受けました。

今回は、その冒頭の9分余りを共有させていただきます。

/////

こんにちは。真の教育のための学校 NOWの鶴飼です。
真の教育のための学校 NOWは、通称NOWと呼ばれていますので、ここでもNOWと言わせていただきます。

NOWについてご説明する前に、まず、私たち人類が、今、共通で体験していること、そして、これから共に体験して行くことについて共有したいと思います。


その前にですね、まず、何よりも大切なことを分かち合いたいと思います。


私たちは、間違いなく、この宇宙という偉大なる生命、このたった一つの全ての全てと完全に一体の存在であります。
それと一体でない存在は、この宇宙には存在しません。

海には沢山の波がありますが、その波は、必ず海と一体です。
それと同じように、私たち個々の存在は、この宇宙と一体です。この、たった一つの偉大なる生命と一体です。


大切なのは、その実感に日常的にどれだけ満ち溢れているか、
そして、何をしている時も、また、何もしていない時も、その実感に内側が満たされていること、

そして、その大いなる源からの発露で、ひらめいたり、言葉が出てきたり、行為が生じたり、そういう日常であること、

その、言葉では表現し切れない程の充実感や、喜びや、平安、静寂、至福、そういうものに日常的にどれだけ満たされているか、それが本当に大事だということですね。



動画は、こちら

(2019年8月10日撮影)


この宇宙という偉大なる生命と一体であるという実感がどれだけあるか、日常的にその実感に満たされているかどうかは、その人の思考や感情が、どれだけ波立っているか、もしくは、どれだけ静かどうかに左右されているということです。


なぜ、この大自然、大宇宙は、(人が傷つけない限りにおいて)、自動的に、自在に、常に美しい調和を保っているのか、それは、思考や感情が波立っていないからですね。常に、シーンと静寂の中にあるから、源と同じように、源と一体となって、完全に調和した美しい姿で展開しています。

では、その動植物は、そのことを自覚して行なっているかというと、そうではないですね。
ただ、そうなだけですよね。

人間は、それを、自覚しながら行なって行く、そういう流れにこれから私たち人類は、必ず入って行きます。


今までは、一部の、極々限られた人が、そのことと繋がって、その様に生き、また、その様に生きることを分かち合ってきました。

しかし、これからは、そうではありません。
本当に、私たち一人一人がそのことを認識し、その実感と共に、その発露と共に、日常の一瞬一瞬を生きるという時代が、必ず来ます。


それ以外に、在り方が無いですもんね。ですから、「必然」ということです。

私たちは、避けようもない、この大いなる流れの中に身を投じることになります。
人類一人一人がこの真実を生きることになって行きます。


素晴らしいですね。


本当に、そういう意味で、今という時代は本当に素晴らしく、とても力強く、とても輝かしい時代だと感じています。

ありがとうございます。

 

ですから、今ここで、このたった一つの全ての全て、この唯一の偉大なる生命を、全身で、全霊で、全存在で感じてみてください。


私たちの心臓を動かし、、、

呼吸を司り、、、

太陽を輝かせ、、、

地球を回転させ、、、

星々を生み出し、、、


そういった全ての全ての生命活動、
生きとし生けるもの、在りとしあらゆる全てのものの営みを展開させている、
この大いなる生命を、
深く感じてみてください、、、


その実感に出会いさえすれば、私たちの日常から、一切の迷いや不安、恐れ、というのが無くなります。

何故なら、私たちは、この宇宙大の命そのものだと、分かるからです。
永遠の生命それ自体が私たちの本体だと、はっきりと実感が湧くので、一切の精神的ストレスや緊張がなくなります。

穏やかで、活力や幸せに満ちた、感動溢れる日常になります。


実は、私たちが体験しているこの日常というのは、その偉大さ、この日常の無限性を、深く実感し味わうために与えられています。私たち自身が、それを生み出して行っているのですけれど。

ですから、この大いなる大生命と一体な大安心、常に内側にこの大調和の共鳴を感じながら、日常の一瞬一瞬を深く楽しむ、味わう、、、それが、これから私たちが体験する日常になって行きます。

これは、人類規模でその目覚め、その実感というのが、必ず生じてきます。


そのことを、深く実感している人たちも、たくさんいます。
そして、どんどん増えて行っています。
これからも、更に更に、増えていくと思います。


その中で、とても大切な存在が何かというと、ガイド、導きの存在ですね。

/////

今回は、ここまでです。

自分に最も相応しいガイドには、どうしたら出会うことが出来るのか、、、
そこには、古今東西、異口同音に語られ続けた「必然」があります。

次回は、真の自己に回帰する上で、どうしても必要となる「ガイド」について掘り下げています。

大いなる自己に回帰するこの道を、共に歩める恩恵に感謝しています。
いつもありがとうございます。

真の教育のための学校 NOW
鶴飼哲也

無料のE-mailニュースレター(不定期)のご登録は、こちらから 

2019 / 07 / 26  01:02

あなたの知る「最高の祈り」は、どんな祈りですか?


あなたの知る「最高の祈り」は、どんな祈りですか?
 
 
世界中の「最高の祈り」を、人類が心ひとつに宇宙に捧げたら、地球に一体何が起きるでしょう。
 
この問いに、まっすぐに向き合うと、内側に満ち渡っている愛と静寂を、より力強く体験します。
 
人類は、必然的に、この「祈りの共鳴」という偉大なる潮流を辿ることになるでしょう。
 

 
では、「最高の祈り」とは、どんな祈りを言うのでしょう。
 
あなたが知る「最高の祈り」は、どんな祈りですか?
 

一人で祈るもの、大勢で祈るもの、祈り言葉があるもの、ただ静寂に向き合うもの、祈りの対象があるもの、ただただ響きと一つになるもの・・・
 
祈りには、様々なものがありますが、「最高の祈り」とは、どんな祈りでしょうか。
 
 
そもそも、「祈り」とは何でしょうか。
 
最近では、科学的にも祈りの力が実証されています。誰かに向けてポジティブな波動を送ると、遠くのその人の心身にポジティブな影響が生じ、ネガティブな波動でも同様の結果が得られることが確かめられています。
 
その様な実験をせずとも、期待のない無条件の信頼の眼差しの中では、安心や充実感に満たされ、実力を十二分に発揮できることは、子育ての現場でも、スポーツや芸能芸術の世界でも、多くの人が日々体験しています。
 
 
しかし、より本質的に祈りと向き合うなら、祈りとは、想像または感得し得る最も偉大な存在に意識を集中し、自分が選択し得る最高の波動を捧げることだと言えるでしょう。
 
その、「想像し得る最も偉大な存在」や「選択し得る最高の波動」が、人によって異なるのでしょう。そして、それは、人の霊的成長に伴って、際限なく高まり、深まり、広がって行きます。
 
 
 
実は、全ての人は、あらゆる瞬間、自分自身の祈りを実現しているのです。本人の自覚の有る無しに係わらず、どの人も常に祈りを成就しています。
 

宇宙(現象)は、内的意識状態の鏡(投影)ですから、どの人も、自ら発振した波動を体験しています。内側に不足感がある人は、その「不足感」と共に、叶えたいヴィジョンを想い、祈ります。しかし、祈りとは、内側の意識状態ですから、この時の祈りは、描いているヴィジョンではなく、「不足感」です。
 
内側に不足感がある人は、不足感を実現し、否定がある人は否定を、悲哀がある人は悲哀を、喜びがある人は喜びを、感謝がある人は感謝を、幸せがある人は幸せを実現しています。多くの場合、これらの複合型ですが、丁寧に観察すれば、全ての人は、あらゆる瞬間、完璧に祈りを叶えていることが分かります。
 

「笑う門には福来たる」や「泣きっ面に蜂」に類する諺が世界中に沢山あるのは、人類が昔から、この法則を本能的に、または、経験的に良く理解していたからでしょう。
 
 
「あなたが幸せになる唯一の手段は、あなたが今幸せであることです(今、幸せの意識状態で存在することを選択することです)。」と、よく言われますが、それは、この法則のことを言っているのです。
 
 
 
最終的に、人は、最高の愛として存在することを望み、その発露として生き、行ない、与えることを望み、また、そう在るために祈ります。
 
そして、全てが既にそうであったことに氣づき、感謝し、真の自己、即ち、愛そのものに回帰するのです。
 
 
その「愛」とは、思考や感情の範疇ではなく、この宇宙という偉大なる生命それ自体、その光、エネルギー、叡智、調和、一体性、静寂、響き・・・神としか呼びようのないこの偉大なる生命、それこそが「愛そのもの」であり、真の自己なのです。
 
 

ですから、最終的に、私たちの祈りから、願いや祈り言葉は消え、響き・神名・感謝・一体性・至福だけが残ります。
 
そこには、宗派宗教の別も、民族文化の別もなく、一切の制限が消え、すべてをひとつに結ぶ無限の静寂、無限の光が、無限に無限に響き亘っています。
 
 
そういった「光」に満ちた「最高の祈り」は、必ず世界中に存在します。
 

その「最高の祈り」を、人類が、定期的に、時を合わせ、心ひとつに共有する流れこそが、これから人類が辿る必然であることは、間違いありません。
 
 
 
あなたが知る「最高の祈り」は、どんな祈りですか?
 
その祈りを、共に祈りましょう。
 
 
 
最終的に、人は、祈りそのものとなり、祈りそのものを生きることになりますが、そうなるまでは、時を決め、集中的に祈りに向き合うことは、とても大切なアプローチです。
 
一日の祈りの時間を定めている宗派宗教も存在しますが、それはとても優れたアプローチだと思います。
 
 
特定の地域やグループの制約を超えて、この地球に生を受けた我々人類が、心ひとつに祈るなら、「満月の度に」というのは、最も相応しい時、頻度、タイミング、リズムと言えるでしょう。
 
満月は、全ての波動を増幅しますから、祈りの波動と働きがとても大きくなります。
 
また、「満月の度に」というのは、宗派宗教や民族文化の別もなく、歴史的事実にも左右されない、地球に棲む生きとし生けるもの、在りとしあらゆるものに共通する、正に天地のリズムだからです。
 
 
ぜひ、我々人類で、満月の度に、それぞれの「最高の祈り」を、心ひとつに宇宙に捧げましょう。
 
 
その時の祈りは、出来るだけ、誰もが参加できる、制限や制約、限定性が少ない、シンプルでパワフルなものが望ましいでしょう。
 
 
 
あなたが知る「最高の祈り」は、どんな祈りですか?
 
満月の度に、その祈りを、共に祈りましょう。
 
 
私は、世界的ムーヴメントである「オーム・チャンティング(OMC)」という太古のグループヒーリングに参加します。

満月の日には、世界中でOMCが開催されます。

NOWでも、満月の度に19時からOMCを行なっています。

今年の9月14日(土)13時~と、12月12日(木)19時~には、日本全国で、1200人によるOMCが同時開催されます。いずれも、満月の日です。


OMCは、参加費無料の、大変パワフルなグループヒーリングで、自分自身や愛する人たち、動植物や母なる地球に癒やしと変容を与える世界的ムーヴメントです。

関心がある方は、こちらをご覧ください。
https://nowprojectnow.org/free/1200omc2019

 

あなたが知る「最高の祈り」は、どんな祈りですか?

満月の度に、ぜひ、共に最高の祈りを捧げましょう。


いつもお働き、ありがとうございます。
最大の感謝と共に
真の教育のための学校 NOW
鶴飼哲也


無料のE-mailニュースレター(不定期)のご登録は、こちらから 

2019 / 07 / 01  21:21

ナラヤナの瞬(まばた)き


この宇宙に存在してきた全て、存在している全て、存在するはずの全ては、

この宇宙という偉大なる生命の瞬き(まばたき)のようなものです。


私たちが、どれほど素晴らしい体験をしようが、どれほど酷い体験をしようが、大したことはありません、

この偉大なる生命それ自体と比べれば。



そして、それこそが、私たちの真の姿です。

唯一の実在(リアリティ)です。



真実の自分を体験しましょう。

その時、この宇宙には、たった一つの神なる愛しか存在しないことが、はっきりと自覚されます。



OM namo NARAYANAYA(オーム・ナモ・ナーラーヤナーヤ)

(この宇宙という偉大なる生命は、永遠の響きであり、存在するは、それのみなり)



ありがとうございます

鶴飼哲也


 

私たちが分かち合うことのできる最高のものを、一部、以下にご紹介します。

https://nowprojectnow.org/free/programs

 

2019 / 06 / 02  20:40

ヨーガインストラクター岩井友成さんのインタビュー

ヨーガとは、
内側に生じた小さな手がかりを丁寧に辿りながら、
根気よく内的体験を深め、
真の自己、無限の静寂、揺るぎない至福に至るプロセス
と言えます。

その過程を、本当にこつこつと丁寧に辿り、体験を深めている現代のヨーギ(ヨーガを生きている存在)。
岩井友成さんは、まさにそのような人です。


先進国と言われる日本で今という時代を生きている私たちにとって、このインタビューは、きっとたくさんの可能性を自分の内側に見せてくれると思います。

ぜひ、ご覧ください。




なお、彼の直近の講座、ババジ太陽礼拝ワークショップは、
- 6/23(日) 14:00—16:00 定員:5名程度
- 7/21(日) 14:00—16:00 定員:5名程度
です。

6/23は、既に残席2名ですので、ご興味のある方は、お早めにお申し込みください。

彼のスタジオ「Yoga studio t」のホームページから、お申し込みができます。
https://yoga-studio-t.localinfo.jp/
yoga.studio.t@gmail.com



 

1 2 3 4 5
2019.08.22 Thursday