Sarva Dharma Centre NOW

私たち万類は、いよいよ大いなるイノチとして、ひとつに共鳴する時を迎えています。その光の起点となる人たちが、天縁によって次々に結ばれ続けています。ありがとうございます。ありがとうございます。

 0745-88-9014
お問い合わせ

new

2020 / 12 / 10  19:59

祝之神事(はふりのしんじ): 神と人とを一如に結ぶ秘宝


私たちは、大変有り難いことに、この秘中の秘、祝之神事(はふりのしんじ)を執り行うお役を預かっていらっしゃる、大変素晴らしい人物とのお出遭いを許された。

祝之神事とは、長い歴史の中で、天皇陛下ただお一人のために、毎日密かに執り行われてきた、神力に満ち満ちた御神事である。天皇陛下となられる存在が、、、祈りの力によって天下太平を実現する神人、真の祈り人としての、、、考えられないほどのお役を実現するために、天地の必然によって注がれて来た御神事と言える。。。

この地球人類には、まだ精神的な未熟さがあり、「思い通り」を良しとする傲慢さがある。神仏天地、すべてのイノチある動植物や存在物、、、それらすべてが、たった一つとして共鳴している、この大いなるイノチの完全な整いに、耳を澄ませ、意識を澄ませ、献身したいという、イノチあるものの最も基本的で、自然で、当然の発露が、、、まだまだ乏しい、という未熟さを、私たち人類は、まだまだ抱えている。。。

人類個々人の「思い通り」は、極まれば「支配欲」に繋がり、、、それが強大な勢力として結晶している。そんな勢力が、、、この日本に脈々と継がれてきたこの神事の無限力を恐れ、その断絶を試みる緻密で熱心な企てを遂行したとしても、、、何ら不思議は無い。

そんな時代の必然の中、、、これまで長年月秘されてきた祝之神事が、、、私たちの様な一般人であっても、、、その人が、愛や調和や祈りに、自分の存在や人生を使っていただきたい、、、という祈りが発露し、、、神縁を与えられた時、、、その機会を授かる道が開かれたのは、左程昔の話では無い。

祝之神事やそれを預かってきた系統については、随分以前から折に触れ耳にしたが、その流れや中心者は複数存在する。そんな方々が書かれた文章や語る動画を見たことはあったが、、、その数少ない経験の中では、完全な共鳴を感じたことは無かった。

今年の八月に天縁授かったそのお方は、、、力や働きや現象の整いや奇跡などを思わず、語らず、、、ただただ朗らかで、謙虚で、清々しい。。。彼を知る人が皆、彼を親友の様に愛するのは、彼が、神仏天地、師、ご縁の人々やすべてを、、、たった一つの大いなる一つとして、愛して止まないからだろう。。。

そして、彼と同じ境地に立った時、、、彼がどれほど命懸けであったかを識り、、、きっと大いに驚くのだろう。。。

彼は、これまで、京都と大阪を中心に、祝之神事をご提供くださっているが、、、いつも早々に満席になる。その熱量が成就し、今月は、大阪で一本追加になり、12/19,20土日(大阪)、12/27日(京都)の開催だ。1/17日(大阪)、1/30土(京都)の開催も決まっている。今後、東海や関東での開催も、きっと生まれて行くのだろう。。。


彼のお名前と会の名は、ここで明かすことはできない。まだ人類には未成熟な感情があり、その影響力が、自分や相手にどれ程大きく跳ね返っているかを自覚していない。そのリスクから、彼は、ご縁の人たちを守る責任があるからだ。

しかし、この記事をご覧になって、魂の必然を自覚された方は、ご遠慮無くお問い合せいただきたい。丁寧に、確かな信頼関係を確認しつつ、必要な情報をお渡しすることができる。


この祝之神事も、アートマ・クリヤ・ヨーガと同様、この大きな時代の転換点において、決定的な光である。事実、これまで祝之神事を通して神なる自己の自覚を深めてきた人たちが、、、次々にアートマ・クリヤ・ヨーガを受講されているだけでなく、、、アートマ・クリヤ・ヨーガを通してそれを深めてきた人たちも、次々に祝之神事を体験している。この流れは、人類の神実現の一大潮流、、、その大いなる可能性に直結しているのは間違いない。そして、その流れは、今後一氣に加速するだろう。。。

この様な尊いご縁を結ぶ機会を授かり、すべてのすべてに感謝している。

また再び、そう遠くないタイミングで、祝之神事の記事を書くことになるだろう。その時には、彼の書かれた文章をご紹介することになる。その素晴らしい響きを、ぜひご堪能いただきたい。

合掌 九拝
ありがとうございます。

Sarva Dharma Centre NOW
共同代表 鶴飼哲也

 

.

2020 / 12 / 10  08:07

「雑音」が静まると、突然始まるもの


今回のこの記事は、全く予定外に、もともと予定されていた記事の直前に割り込む様に、突然定められた。

「マインドの雑音さえ静まれば、、、真なる世界は突然始まる」という、絶対的な真実を、より多くの人たちと、実感レベルで共有するための記事だ。

どうしてもこの共有が必要な「今」である為、その必然に押し出される様に、今日のこの記事が、今、生まれ出ている。

どうか、その真実を、内的に体感していただきたい。

合掌

・・・・・・・・・・

NOWでは、このプロジェクトを共に進める同志たちで、月2回ミーティングをしている。

その進行役を毎回務めているのが、稀代のキルタニスト*奥野裕紀子だ。
(キルタニストはもちろん造語だが、、、キールタンというインド発祥の奉納賛美歌の歌い手を、仮にそう呼んでみた。とても相応しい表現と思う。)
NOWの総務、というキーワードも与えられている。

向かって左上が彼女だ。

Team MTG 20201208.jpg


彼女の潜在性は折り紙付きで、あらゆる分野に実力が蓄えられているのは一目瞭然なのだが、、、当の本人は、これまで、払拭しがたく根深い自己否定に苦しんできた。時折偶発的に弾ける天才性の他は、、、その無限とも言える潜在性が、、、文字通り潜り込んだままだった。

ところが、一昨日のミーティングでは、最初から最後まで、一貫して、実に見事な進行ぶりだった。。。終了後、パートナーの馬渕と、その感慨をしばし共有した。


翌朝の僧院プロジェクトに見えた彼女は、美しく霊妙な波動を纏っていた。

前夜の名司会の労いとお礼を伝え、彼女に質問した。

「昨日は、事前にシミュレーションしてたの?」

そうではなかった。。。


その日は、ミーティングの直後に、スワミ・ヴィシュワナンダ大師のオンライン・ダルシャンが予定されていた。彼の帰依者も、それ以外の同志たちも、恐らく全員が参加したことだろう。1時間一本勝負、延長は許されないミーティングだった。

「様々な現在地がある中、、、一人ひとりにとって、直後のダルシャンへ最高の形で繋がるミーティングとなります様に。。。」

その切なる祈りだけが、ただ内にあり、、、安心と静寂しかない、心地よい「空っぽ」の中にいることができた、、、そう彼女は言った。。。「これまでは、『どうしたら役割が果たせるだろう』と不安を掴んだまま必死でしたが、、、今回は、全体の流れや、一人一人を感じていると、相応しい言葉や展開が自然に湧いてきて、、、その先導に素直に乗って行った感じで、、、今までで一番楽ちんでした。」と心地良さそうに笑った。


それを聞いて、若かりし日の自分を、はたと思い出した。たった一本の電話を掛けるのに、5日も6日も先送りにし、、、遂には旬を逃し、、、結局掛けず仕舞い、、、などは、私の日常だった。手紙は更にそう。。。馬渕と出会い、宇宙の真理に目覚め、この道に入った2001年ですら、ホンの4、5行のメールを打つのに、半日を要していた。。。

NOWが始まった2015年ですら、、、一本の記事を書くのに、実に何時間も要していた。。。

いつの間に、こんなことになったのだろう。文章を書く自分の前を、文章の方が先に自分を導いて行く。。。言葉それ自体が、書かれるべき文章を紡ぎ出して行くのだ。丁寧に朗読するスピードとほぼ同じ速度で、完成した文章が紡ぎ出され、ほとんど手直しが要らない。後で自分で読み返しても、まるで人ごとの様に、その完全性に唸ってしまう。そして、何度反芻しても、その度に、自分自身も新たな価値を得て、成長して行ける。。。

しかも、この間、文章を書くために何かを学んだことも、そのための努力をしたことも、ただの1秒もない。。。

ただただ、この神なる無限性、、、その完全な静寂の導きに捧げてきた。。。


朝のホンの短い時間の彼女とのやり取りを通して、「マインドの雑音さえ静まれば、、、真なる世界は突然始まる」という、絶対的な真実を、改めて深く実感した。。。


私たち人類は、今、このことを識り抜き、、、信頼し、、、安心してこの道を進んで行く必要がある。

私たちが魂の歴史の中で積んできたのは、不調和なカルマだけでなく、、、無限とも言える様々なプログラムがある。。。

それを、トータルな形で完全に機能させるのが、この宇宙普遍の神意識であり、、、それは静寂の内に立ち昇る。。。

だからこそ、「マインドの雑音さえ静まれば、、、真なる世界は突然始まる」のだ。


しかし、この「マインドの雑音を静める」のが中々難しい。半端な覚悟で通れる道ではない。今まで潜在させてきた全てが、全て顕在化するからだ。しかし、顕在化して、、、そして全て光に振り替わるのだ。。。だから、安心と覚悟の両方が必要だ。。。

それでも、それを持ってしても、簡単ではないこの道に、、、私たちの多くは、「師との出遭い」が与えられる。。。運命の出遭いである。。。

そして、その導きを完成させる様々な、真なる世界が、これまでの沈黙を破り、人類に開かれ始めている。。。

明日の記事になる定めの「祝之神事(はふりのしんじ)」や、度々紹介している「アートマ・クリヤ・ヨーガ」は、私たちに与えられている究極のものと言える。


今日は、こうしてご縁を授かった私たち全員で、、、今というこの時に、、、「マインドの雑音さえ静まれば、、、真なる世界は突然始まる」という、絶対的な真実を、自己の内に深く実感し、、、この大いなる信頼を、より確かなものとする日としよう! 燦然と輝く、私たち人類の神実現と、、、それに連なるこの星の完成を祝いつつ。。。

合掌 禮拝
鶴飼哲也


 

 

 

2020 / 12 / 08  05:42

「本当の自分」を体験する


完全な意識で臨む時、、、あなたが出会っている「それ」は、遂に真の姿をあなたに顕わします。。。
「完全な意識」とは、無限の愛、永遠の光です。
ハートの奥に燦然と輝くその無限の愛で臨む時、、、目の前の「それ」は、完全な愛として、「本当のあなた」を映し出します。

私の師は、、、複数の聖者がそうである様に、完全な意識そのものですが、、、
「私の話より、ヴィシュワナンダの話をしなさい。」と度々仰います。。。
誰もがその存在に、無限の愛、永遠の光を見ることができるからです。

大切なのは、その愛こそが、その光こそが、、、「本当の自分」そのものであることです。


その愛、その光と視線を合わせ、、、愛の交流をすることができます。
すべての人に無料で提供されている偉大な機会、「オンライン・ダルシャン」です。

毎回、先着1000名が、その永遠を体験します。
本日12/8(火) 21:30~、その機会があり、まだ若干名猶予があるようです。

ぜひ、「本当のあなた」、その無限性を体験してください。
あなたの存在、あなたの体験に相応しい喜捨を差し出す機会も、宇宙普遍の摂理に照らして、限りなく尊いものです。


詳しくは、こちらをクリックしてください。
オンライン・カントリー・ダルシャン - Bhakti Marga Japan

photo_2020-12-08_06-20-48.jpg


人類の神実現は、これから、怒濤の如く展開します。

この時代に、こうして共に在れる恩恵に、無限の感謝を捧げます。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
鶴飼哲也

 
.

2020 / 12 / 07  20:02

人類に残されている「可能性」


人類は、確かに岐路に在る。
一日一日が、かつて無いほどに大切だ。


「今日というこの時に、私たち人類が受け取るべきメッセージを、私たちに直接お与えください。」

大いなる存在に祈りを捧げ、、、御言葉を授かった。。。


万人に伝え、百人が糸口を掴む時代は終わった。
既にこの道に在り、今日、今から、無限の愛を捧げ切れる者に届けなさい。
そこにこそ、人類の活路が残されている。


既に二日前に答えを受け取っていた。

この二日間、、、充分に準備をした。

今こそ、届くべきところに届けよう。


/////
『神実現の言霊』より)


令和二年 十二月 五日
奈良県室生 NOW HOUSE(オーム・チャンティング)にて

このメッセージを、この道に既にある同志に、しっかりと伝えなさい。
今こそ、その「時」なのです。


あなたが、既に「真なるもの」に出遭っているなら、「それ」に全存在を捧げなさい。

そうしない限り、ハートに愛の火が灯らず、、、その火がなければ、あなたが真に満たされることはありません。

あなたが出遭っている「それ」が、どれほど素晴らしいものであれ、、、「それ」に眠る無限力を発動させるのは、あなたが注ぐ無限の愛です。。。

99%では駄目です。

目の前のただひとつ、たった一度の「それ」に、500%捧げなさい。今生のすべてを懸けなさい。。。

ハートの火を、、、永遠に消えない無限の炎にするのです。

最奥から溢れ出る、その無限の愛が、「あなた」なのです。

 

DSCF2526.JPG

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。

合掌 禮拝
鶴飼哲也

 

 

.

2020 / 12 / 05  19:49

意識の眼差しを注ぐ時、、、


いつもありがとうございます。
存在とお働きに感謝しています。

本日、朝のふとした瞬間に、「このメッセージを、伝えられる限りの人と分かち合いなさい。」と、美しい響きが届きました。

ぜひ、永遠の過去から未来を遙か内側に内包する、この中今の今において、、、
常に共に在る、あなた自身と共に、、、

この無限の静寂をご堪能ください。


あなたが愛の時、、、あなたは愛です。
あなたが愛の時、、、あなたは、、、あなたです。。。

このことを真に受け入れたら、、、それ以外の時、直ぐに氣付くことができます。

「氣付く」とは、「氣のレベルに至る、触れる」という意味で、神との接点のことです。

真の「氣付き」は、愛であり、、、そこにジャッジメントはありません。

ただ、意識の眼差しを注いだ時、、、愛以外のすべては、自然と消えて行きます。

OM namo NARAYANAYA(オームナモ ナラヤナヤ)
おお、この宇宙大生命よ。私は、このすべてなる大愛に完全に溶け入り、もはや、その大愛が響き亘るのみです。。。

OM namo NARAYANAYA(オームナモ ナラヤナヤ)
おお、この宇宙大生命よ。私は、このすべてなる大愛に完全に溶け入り、もはや、その大愛が響き亘るのみです。。。

 


たったこれだけの、限りなくシンプルな真実が、、、どこまでも無限に広がります様に。。。
(響くものがおありの方は、どうぞ魂の同志達にもシェアしてください。)

ありがとうございます。
ありがとうございます。
合掌 禮拝

Sarva Dharma Centre NOW
共同代表 鶴飼哲也


関連ページ:『神実現の言霊』

 

.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2021.01.19 Tuesday