真の教育のための学校 NOW

Normalized Organism for the World
 0745-88-9014
お問い合わせ

new

2019 / 03 / 26  20:59

この世に存在する全ての活動は・・・

この世に存在する全ての活動は、
どの人のハートにも眠るプレマ(神なる愛)が開いてこそ、
はじめて真の価値を持ちます



これは、2016年10月、初対面のある聖者に、直接語り掛けていただいた言葉です。 
そのプレマ(神なる愛)に、確実に火を灯し、以降着実に育てて行ける機会があります。
紹介ページの冒頭をご紹介します。

/////

 

「神としか呼びようのない、この偉大なる生命こそが真の自己であり、この宇宙にはそれしか存在しない」

これは、究極の真実です。

この真実を明確に認識しながら行うヨーガ、それが、究極の伝統密教ヨーガ、クリヤ・ヨーガです。

 

私たちは、魂の変遷の中で、必ずこの真実に目覚めます。 

しかし、多くの場合、その道のりは氣が遠くなるほどに長く、数え切れないほどの人生が費やされます。

 

ところが、ヨーギ、パラマハンサ・ヴィシュワナンダは、「そのために、幾つもの人生を費やす必要はない」と言います。 

ヨーギ、マハヴァター・ババジは、「私にできたのだから、あなたにもできます」と言います。 

この二人の偉大なヨーギによって、現代を生きる私たち人類に与えられた究極のヨーガメソッド、それが、「アートマ・クリヤ・ヨーガ」です。

  

この非常にシンプルで簡単なヨーガを、丁寧に味わいながら、愛をもって継続的に行うことで、私たちは、真のヨーガのゴールに至ることができます。真のヨーガのゴールとは、この宇宙という偉大なる生命との完全な合一、その無限の愛を通しての自己実現です。アートマ・クリヤ・ヨーガは、永遠の自己の氣づきを、全ての思考、言葉、行為にもたらせるよう促します。このテクニックは、私たちを内なる生命の源に繋げ、私たちがその大生命との永遠の関係を完全に楽しめるようにします。

 

>>続きは、こちら



/////

この珠玉の機会をご紹介できることを、心から感謝しています。
いつもありがとうございます。

真の教育のための学校 NOW
鶴飼哲也



>>アートマ・クリヤ・ヨーガのページは、こちら



追伸: ハートに眠る無限の愛が開くと、至福に至ります。その喜びは、決して揺らぐことがありません。私たち人類は、確実にそこに至る機会を与えられています。ぜひ、多くの方にご紹介ください。https://nowprojectnow.org/free/aky

このお知らせをそのまま転送いただいても構いません。
いつもお働きありがとうございます。


>>アートマ・クリヤ・ヨーガのページは、こちら


*****
真の教育のための学校 NOW
now@nowproject.info 
https://www.youtube.com/channel/UC9rhIgRqgvW-6MSHHufePlQ
*****

 

2019 / 03 / 23  05:45

魂が打ち震えてこそ


「どんなにスムーズで楽しい日常でも、魂が打ち震えていなければ、本当の意味で生きているとは言えません。」



若い頃に聞いた、ある覚者の言葉です。
とても大きな衝撃を受け、大いに自問と内観を繰り返したのを覚えています。

その言葉の真の意味を、はっきりと確認することができたインタビューをご紹介します。

動画のキャプション2.jpg

是非ご覧ください。

鶴飼哲也

2019 / 01 / 24  23:23

来日トークイベント2018.10.22 スクリプト

クオリティの高さで知られるスピリチュアル・マガジン『StarPeople』の電子版に、

昨年10月に東京で開催された、スワミ・ヴィシュワナンダのトークイベントの記事が掲載されました。

 

当初、要約版を1回で掲載する予定だったそうですが、

内容が素晴らしかったため、予定を変更し、ほぼすべてのスクリプトが、計3回に渡って掲載されました。

 

http://starpeople.jp/topics/20190118/2371/

https://starpeople.jp/topics/20190120/2373/

https://starpeople.jp/topics/20190122/2372/

 

記事の冒頭を、一部ご紹介します。

 

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ「来日トーク・イベント」リポート/1

 

愛と献身の道を説く「バクティ・マルガ」の創始者である、パラマハンサ・ヴィシュワナンダ。モーリシャス島出身の霊的なマスターである彼の来日イベント「トーク・イベント&サットサング」が昨年10月22日に行われました。
サットサングとは「真我との交わり」を意味し、そのイベントの第一部にあたるのが、2人のゲストを招いてのトークイベント。大盛況となったこのイベントの模様を、3回にわけてお届しましょう。

Talk Members————————————————————————————

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ
モーリシャス島出身の霊的なマスターであり、献身の道を説く「バクティ・マルガ」の創始者。自らの人生と仕事は全て、人々が文化、宗教、性別、年齢の境界を超え、ハートを開いて全てに浸透する神の永遠の愛に気づき、それを受け入れることに捧げている。人々に限りないインスピレーションを与え、日々の生活の中で愛を経験する能力を目覚めさせる知恵と技法を提供している。
http://bhaktimarga.jp/
https://www.bhaktimarga.org/(English)

青山圭秀
あおやままさひで/1959年、広島県生まれ。理学博士、医学博士。『理性のゆらぎ』『神々の科学』(いずれも三五館)他、著書多数。量子物理学を専門としながら、西洋科学と東洋生命科学の融合を模索。長年研究してきた現代科学、ヴェーダ哲学に基づき、2004年より、千数百人に瞑想を指導。
http://www.art-sci.jp

 

藤田一照
ふじたいっしょう/1954年、愛媛県生まれ。29歳で得度。その後渡米し、長年アメリカで禅の研究と指導にあたる。曹洞宗国際センター前所長。『現代坐禅講義』(佼成出版社)、『禅の教室』(中央公論新社 )他、著書、共著、訳書多数。現在は、日本における禅の普及活動を行う。
http://fujitaissho.info

 

司会(鶴飼哲也)
つるかいてつや/「真の教育のための学校NOW」の共同代表として、講師やトレーナー、コンサルタント活動を行う。
https://nowprojectnow.org

 

最も根源的な全ての全てと言える存在とは

──会場の皆さん、お一人お一人の中で確かな体験が深まっていく機会になれば素晴らしいなと感じています。
青山さんから順番にお尋ねしたいのですけども、いろんな宗教や信条の中で「最も根源的な全ての全て」のことを、ご自身はどう認識されて何と呼ばれていますか? 例えば、神、宇宙大生命、仏、タオなど、いろんな呼び方があると思いますが。

青山
先ほど、鶴飼さんと食事しながら打ち合わせさせていただきましたが、こんな難しい質問をされるなら、なぜ、それを先に言っておいてくださらないかと思いました(笑)。
私は中学や高校の頃、「カトリックの洗礼を受けて修道院に入ろう」と、ずっと思っていました。大学に入ってから、パラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』(森北出版)を読んで、自分がそれまで持っていた世界観よりも、はるかに大きな世界があるということに気がつきました。その後、インド医学を研究したり、インドに行って聖者や占星術師、インド医学のマスターたちにお会いしたり、様々な考え方に接してきたわけなんですけども。

もし、「どういう呼び方をしますか?」と言われたなら、私は・・・

続きは、以下をご覧ください。

http://starpeople.jp/topics/20190118/2371/

https://starpeople.jp/topics/20190120/2373/

https://starpeople.jp/topics/20190122/2372/

 

なお、当日の動画は、以下からご覧いただけます。

https://nowprojectnow.org/free/light_source

 

いつもありがとうございます。

 

 

2019 / 01 / 20  15:17

冬期1月・2月「大OMC」のお知らせとシェア

ご縁ある皆様へ

 

真の教育のための学校NOW馬渕 清歌です。

寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

この度は、新年の冬期OMC(オームチャンティング)のご案内と、

活動の様子も少しシェアさせていただきます。

 

//////////////////////////////////////

新年「大OMC」のご案内

 

2019年第一回:126日(土)13時~16

会場:蔵持市民センター「研修室」(三重県名張市蔵持町原出314-3

 

2019年第二回:224日(日)13時~16

会場:青山ハーモニーフォレスト (三重県伊賀市種生3137-1

 

―両日共通―

参加費:無料(会場費:喜捨)

持ち物:座布団、防寒着、飲み物など、必要なもの各自で持参

 オーガナイザー:馬渕 清歌(090-8973-1664

 

こちらで座布団の用意をご希望の方はご一報ください。

「大OMCの日は会場・時間等、大人数を想定しております。

毎週実施の回とは場所・時間等異なることがありますので、日程毎によくご確認の上お越しください。

※ 「大OMC」はたいてい月に一度のペースで行って参ります。

 

OMC詳細ページ↓

https://nowprojectnow.org/free/omc

 

//////////////////////////////////////

 

今年からNOWでは毎週、水曜(名張市赤目市民センター)と土曜(名張市蔵持市民センター)に

OMC(オームチャンティング)を行っております。

 

わたしには現在、15ヶ月と小学一年生の息子たちがおり、それはもう朝から晩まで賑やかな日々を過ごしていて(笑)、

それと同時に、新年早々から大切な役目もやるべき事もそれなりですが、

このOMCには可能な限り時間を合わせ、通っております。

 

OMCには参加し始めて約2年ほどです

OMの波動、神なる振動・音・声、真の自己といったものとの一体感や深まりはわたし自身まだまだこれからですが、

「自分がどんな状態であっても、現象的に何が起きていても(起きていなくても)、神は、宇宙は、魂の師であるサットグルは、

いつの時も自らの内に在り、そして必ず導き、共にいてくださるのだなぁ」ということは、毎回のOMCを終える度に感じています。

そのほかにも本当にたくさんの恩恵を日々実感しています。

 

OMCを通して生じてくる体験は人それぞれで大変興味深く、

中には、数回の参加でも、はっきりと身の回りに起きた変化や体験をシェアされる方もいます。

聞かせていただく度に手を合わせたくなるような奇跡的なお話も、このところよくあります。

 

こういったOMCでのシェアの時間も、とても貴重であり、楽しく面白い機会です。

 

それから、昨年から増えてきたOMCオーガナイザーの方々、

場を引き受け、OMCを進行するオーガナイザーとして活動することで、

回を重ねる毎に、個々の成長や変容を間近で見せていただいているようにも感じています。

 

最後に。OMC後半に行われる瞑想で、「母なる地球に愛を送る」瞑想があります。

これは、今のような時代だからこそ実施されるべき、シンプルですが素晴らしい瞑想法です。

ほんの数分間で、今、本当に本当に苦しんでいる地球へ、愛と癒やしのエネルギーを届けることが実現します。

 

このような、密度の濃いOMCの開催が毎週実現していること、

その恩恵にただただ感謝するばかりです。

 

OMCでは毎回、オーガナイザーが丁寧に手順を説明してから行いますので、

初めての方もどうぞ安心してお越しください。

 

会場で皆様にお会いするのを楽しみにしております。

 

馬渕 清歌 拝

090-8973-1664

 

2019 / 01 / 07  07:18

世界的ムーヴメントは、既に始まっている

 

このところ、何か発露がある度、同じメッセージを受け取りました。

 

「それも素晴らしいが、そのことをしている場合ではない。時間的猶予がないのだよ。最も大切なことから始めなさい。」

 

度々、その様に告げられました。

年末から年始にかけて、「ぜひさせていただきたい」と内発する、様々なことがありました。

手紙やメイルに電話、動画の編集、発振などなど・・・

既にご縁のある友人や知人に、ご挨拶やご報告をしたり、この大いなる潮流について分かち合う発露は、終始湧き上がってきていました。

 

しかし、殆どの場合、冒頭の様に、

「それも素晴らしいが、そのことをしている場合ではない。時間的猶予がないのだよ。最も大切なことから始めなさい。」

と、穏やかに諭されました。

 

発露への一致感は根強く、「何が最も大切か」を、にわかには捉えられず、度々、長時間の瞑想をしました。

その中で、昨夜(1月6日)、答えを受け取ることが出来ました。

 

「これまでご縁のある人たちには、既に充分伝えているし、充分伝わっている。後は、彼らの発露に委ねなさい。あなたは、あなた方のような人に出会い、伝えて行かなければいけない。」

 

それを伝えられて、はたと、これまでの「自分たち」を振り返ることができた。(以降、文体を「敬体」から「常体」に切り替える。)

 

・2016年秋、一枚の聖者の写真を見て、その無限の愛と宇宙のメッセージを受け取り、まだ会ったこともないその聖者について、伝え得る全ての人に紹介した。

・結果として、その一ヶ月後のダルシャンとサントサンガ(聖者の拝謁と講話)には、ご縁の中から、子供も含め100人近い人が参加した。

・「アートマ・クリヤ・ヨーガ」という響きに、「今こそ受ける時」とメッセージを受け取り、自らも未体験のその講座に、同志を集め、会場を押さえ、講師を招き、参加した。

・以降も度々、同様に、同志を集め、会場を押さえ、講師を招き、開催した。

・これらの結果、ご縁の中から、既に約50名の人がアートマ・クリヤ・ヨーガの伝授を受け、約150名の人が、ダルシャンやオーム・チャンティング(古代のグループヒーリング)を体験している。

・今後も、更に増え続けるのは、間違いない。

・そして、共に神実現に至るに違いない。

 

「あなた方のような人」という思いがけないキーワードに、メッセージの意味を理解した。

 

そういう人たちと、どんどん出会い、この流れを共有して行かなければ、このムーヴメントは、本来の流れを辿れない、ということだ。

 

これまでの、一連のメッセージの意味を理解した。

「2019年内に、1200人のオーム・チャンティングを行なう」という、かなりの突破を要するメッセージとも符合する。

「 ◆ 至高の目的 」という一連の文章を書かされている意味も、理解できる。

また、今朝、NOWのホームページ内に、新たに【NOW放送局】というページも作った。そこに、これからも、どんどん新しい動画をアップすることになるだろう。即ち、どんどん新たな出会いが用意されている、ということだ。

これらは、全て、同じメッセージである。

そこに、宇宙の本氣を感じる。

 

このことを理解でき、また、こうして分かち合えることに、深く感謝している。

OM namo NARAYANAYA(オーム ナモ ナラヤーナヤ)(これは、サンスクリット語のマントラ(真言)で、「この大いなる、唯一なる、全てなる宇宙大生命に、全てを捧げます」という祈りであり、「在るは、大いなる響き、大いなる実在のみ」という真理であり、それ以上のマントラである)

 

改めて、感謝の祈りを捧げる。

OM namo NARAYANAYA(オーム ナモ ナラヤーナヤ)

 

2019年1月7日

真の教育のための学校 NOW

鶴飼哲也

 

1 2 3 4 5
2019.08.22 Thursday