Sarva Dharma Centre NOW

私たち万類は、いよいよ大いなるイノチとして、ひとつに共鳴する時を迎えています。その光の起点となる人たちが、神縁によって次々に結ばれ続けています。ありがとうございます。

 0745-88-9014
お問い合わせ

new

2021 / 03 / 10  05:27

「残り1%」の「飛び込む勇気」

執筆:水野浩子 水野浩子.png

皆さん、初めまして、水野浩子と申します。
Sarva Dharma Centre NOW には、このプロジェクトを推進するメンバーがあり、Team Sarva Dhrama と呼んでいますが、私もその一人です。

Team Sarva Dharma は、現在10数名ですが、その多くは既に自分の師に出会っています。中には私のように、スピリテュアル・ネームを授かっている人もいます。

私はSujaya Dasi(スジャヤ・ダシ)と申します。
シヴァ神の神妃「ドゥルガー」にちなんだお名前で、「大いなる勝利」という意味であり、私はとても大切にしています。


一番大切にしていることは、なんといっても、私のサット・グル(最終の師)である、ドイツ在住の聖者「パラマハンサ・シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ(通称グルジ)」の導きに集中し、愛をもって実践すること。

Swami Vishwananda 『抱く』.jpg

今からちょうど3年前の2018年の3月に、ドイツのアシュラムで初めてグルジのダルシャンを受けました。ダルシャンとは、「神聖な眼差し」という意味で、 神を見つつ、神からも見られる体験のことです。

46501672_2305414656199450_1090978799069167616_n.jpg


その初めてのダルシャンで、私は、魂が激しく震えると同時に涙が溢れ、倒れそうになった経験をしました。

その際、グルジから色々お言葉を掛けていただき、ダルシャンの後には2度もインタビューを受けるという、大変有難い機会を頂きました。

そのインタビューで、次のようなやり取りがあったので、少しご紹介します。

私:「グルジは過去に3度、日本に来られたことがあると伺いました。日本の印象はいかがでしたか?」

グルジ:「日本は世界でも類を見ないくらい素晴らしい国です。私は日本が大好きです。そして、日本人は、最も素晴らしい民族だと感じています。」

私は、聖者の口から「日本人は、最も素晴らしい民族です」と聞いたことに非常に強い感銘を受け、勝手に口が開いてこんな質問をしていました。

「では、そのような素晴らしい国で、日本人としての私は何をすれば良いのでしょうか?」

そして、グルジが口を開くや否や、こんな事を口走っていたのです。

「私は、バジャンやキルタンが大好きです!大好きでたまらないんです!グルジが歌われるのもいつも聴いています!」

すると、グルジはニコッと笑って、次のようにおっしゃいました。

「日本中を旅して回り、日本の人達にキルタンの心を伝えて周りなさい。」


それから今日までの3年間、このメッセージのために大変苦しんだり、魂の底から喜んで涙を流したり、色んな経験をしてきましたが、
結局のところ、私自身を変容させるために必要不可欠なメッセージだった、と感じると同時に、
私のダルマ(生まれてきた目的を果たすための魂の約束)であったのだと深く受け止め、日々のすべてと向き合っています。

ここまでの経験を踏まえて最近感じていることは、
私にくる流れは全て神さまが下さるものなので「有難く受け取って大切に向き合うこと」、つまり、私ができる最大限のことをすること、それには「100%」である事が大切なのだ、ということです。

以前、馬渕貴子さんから 、頻繁に聞いていたことがあります。

「99%と100%は、全く別世界なんです。お鍋の水も、沸点(100度)で初めて沸騰し、液体から気体へと変容するんです。99度だと、火を止めたらまた水に戻るけれど、、、100度で完全に気体になったら、もう、それは鍋のお水に戻りません。完全にシフトしたのです。人の成長も同じです。99%では、いつでも元に戻ります。100%に突き抜けてこそ、本当のことが始まるのです。」
 
私も、今になって、体感としてその事が分かるようになってきました。

最近、ある試練を頂いて、頂いた直後にすぐ「はい、是非させてください!」と返答しかけたのですが、どうも府に落ちないところがあったのです。

そのことと向き合うためにしばらく返答を伸ばしていたのですが、二か月経っても変化の兆しも感じられず、焦りを覚えつつも、何故なのかと自身に問いかけました。

そこで感じたのは、
「99%は、『喜びと共にしたい』という意図がある。それは、まだ『無条件の100%』ではない。残りの1%の意図が拭えずに、最後の最後で身動きが取れない。。。」

そして私は、
「この1%がすっきりと明らかになり、100%になったら、いずれするだろう。」と、その時を待っていたのです。


ところが、いつまで経っても何も変わらないのです。

その時、ハッと気づきました。


この1%は、

「自身の魂の内なる声をただ信じて、ただひたむきに向き合って、聞いて、そして思い切って飛び込むこと」

なのだと。

たかが1%ですが、この1%がとてもしぶとく、厳しく、そして、最も大事なのだと気付いたのです。


そこで、グルジが繰り返しおっしゃっているお言葉が蘇ってきました。

「今与えられていることは、二度と来ません。今、やりなさい!Do it NOW!」
まさに、NOWですね(笑)。


最近気づいたばかりですが、この最後の1%を信じ切って、目の前に与えれたことに100%で飛び込んでいこうと心に決めました。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
この時代を共に進んで行けますこと、光栄に思います。

ありがとうございます。

Sujaya Dasi 水野浩子

 

関連ページ:
『師との出遭い』という最大の恩恵

 

 

2021 / 03 / 07  06:42

馬渕貴子 インタビュー(2021年3月5日 収録)

執筆:奥野裕紀子 奥野裕紀子.jpg

親愛なる皆さま
いつもありがとうございます。

今日は、皆さまに、アートマ・クリヤ・ヨーガ(AKY)ティーチャー馬渕貴子さんのインタビュー動画を、ご覧いただきたいと思います。

私は、皆さまより一足先に動画を見させていただきましたが、馬渕さんのなんと美しいこと!
インタビューが進むにつれ、神々しさが増し、光が強くなって行くのが、一目瞭然でした。

動画の中、AKYティーチャーになった経緯が語られている時、私の中に「ある出来事」が鮮やかに蘇りました。
それは、馬渕さんが帰国された直後、旅の報告を兼ねた講演会が開催された時のことです。

その日、私は、早めに会場入りし、設営作業をしていました。
暫くすると、馬渕さんが現れ、久しぶりにお会いする喜びに、思わず駆け寄り、「お帰りなさい!」と言いました。

その直後から、何故だか泣けてきて、泣けてきて、最後まで涙が止まらなくなってしまったのです。
理由も分からぬまま、唯々、ずっと泣いていました。

あれから、ずいぶん時が流れ、そんなことがあったことも忘れていましたが、この動画がその記憶を呼び覚ましてくれました。

そして、再度、あの時の涙の訳に思いを馳せてみました。

馬渕さんが、旅の途中で立ち寄ったドイツで、スワミ・ヴィシュワナンダと出逢われたことで、
遂に私もこの霊性の道において、 自分の「師」となるサットグルに、もうすぐ出逢えるであろう事を、私の魂が、私の意識を遙かに超えたところで察知し、
その歓びが、あの涙となって込み上げてきたのだと、時を超え、今はっきりと分かりました。

私の魂は、あの時既に、「師」と出逢える約束を知っていたのです。


前座?が随分長くなりました・・・(苦笑)

今日は、まず何より、この珠玉のインタビュー映像を、どうぞご堪能ください。


 

AKYティーチャー 馬渕貴子 インタビュー(2021年3月5日 収録)

詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。
 

この体験を皆様と分かち合えましたこと、とても嬉しく存じます。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。

Sarva Dharma Centre NOW
総務 奥野裕紀子
 

 

詳しくは、こちらをご覧ください。
人類の至宝「アートマ・クリヤ・ヨーガ」

 

2021 / 03 / 02  22:45

時空を超えた共鳴

執筆:鶴飼哲也 哲也2021-01.jpg

2月以降、お電話でのお問い合せが急に増えた。。。

これまでのところ、すべてアートマ・クリヤ・ヨーガについてのお問い合せだ。

まだ見ぬ方との会話だが、、、自然と楽しいひと時となる。

真なる道を歩まんとする同志としての共鳴が、自ずと生まれるからだ。


チャンネルシフトに伴いリニューアル中だったアートマ・クリヤ・ヨーガのページは、ここしばらく「暫定ページ」のままだったが、一先ず完成した。

近々、ティーチャーの馬渕貴子のインタビュー動画を収録し、掲載することになるのだろう。

とても楽しみだ。


時を同じくして、10年ぶり、20年ぶりに交流が再開する人も急に増えた。

それぞれに、全存在を懸けて真なる領域に対峙してきたのだろう、時の隔てを全く感じること無く、驚くほど深い共鳴が起きる。


時代は、まさに、「隔て」という幻想を脱ぎ捨てようとしているのだろう。

時空を超えた共鳴の日々だ。

それは、人類規模の「真の自己への回帰」に向かって、力強く流れている。


どうぞ、完成したばかりのこのページを、ハートの最奥に満ちる静寂と、そこに真に息づく呼吸と共に、ぜひご堪能いただきたい。


親愛なる皆様へ、愛を込めて

Sarva Dharma Centre NOW
共同代表 鶴飼哲也


アートマ・クリヤ・ヨーガのページは、こちら

 

 

2021 / 02 / 26  10:12

明日2/27(土)、その光が地球を3度巡ります

執筆:馬渕貴子 貴子2021-01.jpg

世界的名著『あるヨギの自叙伝』にも紹介され、聖者を育てる聖者として広く知られるマハヴァター・ババジが、トルコのある女性にメッセージを与えたところから、このムーヴメントは生まれました。

世界数十カ国で、毎月どこかの日に3回、1回15分の瞑想が捧げられます。その日、その光が、地球を3度巡ります。

今月は、明日2月27日(土):午前4時、正午、20時の3回、ZOOMで繋がり行なわれます。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

お申し込み無しで、どなたでもご参加いただけます。
また、どなたにご紹介いただいても結構です。

マハヴァター・ババジ瞑想 - Sarva Dharma Centre NOW (nowprojectnow.org)

 

🌹『マハヴァター・ババジ瞑想』は、事前のお申込みは不要です。

🌹必ず、開始3分前までに入室してください。15分前から入室可能です。

🌹瞑想開始後は、入室できません。

 

🌹🌹🌹 100人以上のアクセスに対応する為、2つのURLを用意いたしました。ただし、必ず、まず正規のURLで入室してください。入室出来なかった場合にのみ、サブのURLで接続します。

この為、ZOOMへのアクセスは早めにお願いします。再接続の場合でも、瞑想開始後は入室できませんので、ご注意ください。

 

正規のURL

https://us02web.zoom.us/j/87404200904?pwd=M25nYnZMQmhDcGJQWHp4Um1sclE0UT09

 

サブのURL(正規のURLに接続できなかった場合のみの使用)

https://zoom.us/j/93918885254?pwd=UHFzNkZTa3lTVi94dGNZM3RmRWRQQT09

 

それでは、明日、皆様と、マハヴァター・ババジとの大いなる交流を、共に堪能できますこと、その大いなる恩恵に感謝致します。

ありがとうございます。

神に栄光!Jai Gurudev!
『マハヴァター・ババジ瞑想』
JAPAN 担当 馬渕貴子



詳しくは、こちら
マハヴァター・ババジ瞑想 - Sarva Dharma Centre NOW (nowprojectnow.org)

 

 

 

2021 / 02 / 23  19:05

『今日の言葉』 発振と広がり

執筆:奥野裕紀子 奥野裕紀子.jpg

親愛なる皆さま

いつもありがとうございます。

今日は、皆さまにご報告を兼ね、お伝えしたいことがあり、このニュースレターを書いています。


先日、珠玉のメッセージ集「今日の言葉」を、私に起きた体験と共に、発振させていただきました。

発露のまま、「皆さまとも共有出来るなら、、、どんなに素晴らしいでしょう!」
「そして、どうぞ、同じ真理の言葉を通して、一日一日を深めて参りましょう。」

この様にお伝えし、ニュースレターを書き終えました。

何を期待するでもなく、何かを欲するでもなく、ただ、自分のダルマを果たさせていただこう、、、そんな気持ちしかありませんでした。

けれど、驚いたことに、午前中に発振を終えると、早速その日の午後に、そして翌日にも、想像以上に多くの方から、「今日の言葉」の配信をご希望されるメールが、Sarva Dharma Centre NOW宛に届きました。

どの方からのメールにも、とても真摯な波動が感じられ、共にこの道を進む同志の存在に喜びが湧いてきて、お顔は見えずとも、深く感謝し、合掌致しました。


そして、翌
朝、初めて、この方々に、「今日の言葉」を配信させていただきました。

配信を完了させた後、自分の内側に、何とも言葉に尽くしがたい清々しさと、喜びが湧き上がってくるのを感じました。

それは、全く思いも寄らなかったことで、私自身が一番驚きました。

この清々しさと喜びの源は一体何なのだろうか。

暫し静寂の時間を過ごし、感じた事は、、、


どんなことも神様のご意志がなければ、起こらない。故に、この度の発振も、そのご意志があってこそのもの。

そして、神様の子どもである私は、肉体を持っている者としての責任を、ただ、そのご意志に従い、行なったに過ぎないのです。

そうです。ただ、神様のご意志通りに行えた事への純粋な喜びが、魂の奥底から湧き上がってきたのだと言う事を、分らせていただきました。


私にこんな体験が訪れるなんて、、、

半年前まで、内側に潜在していた深い闇が表面化し、振り払っても、振り払っても湧いてくる自己嫌悪や、訳のない怒り。

スピリチュアルパスを思うように進んで行けない焦りと、神への不信やこの道への反発とがごちゃ混ぜになり、この深い闇から一生抜け出せないのではないか、という恐怖や不安に、
もがき苦しんでいたのです。

あの長く深い闇に迷い込んでいたときには、想像さえ出来ませんでした。

やっと抜け出せ、新たなスタートを切った私に、「今日の言葉」とニュースレターを発振する機会が与えられたことに深く感謝致します。

全く以て、神様の愛はどこまでも広く、どこまでも深いのだと実感しています。


そして、私のハートに響いていた「今日の言葉」

『完璧なわけ』
『人生を無駄にしてはいけません。神様があなたにチャンスを与えるのには、完璧なわけがあるのです。』

というメッセージを、今一度、ハートで受け直しています。

今までとは違う面から、発振を通して、また、深める機会が与えられたことに、人智を越えた神の「智」と「深い愛」が感じられ、感謝が湧いて来ました。


明日からまた、気持ちを新たに、珠玉のメッセージ集「今日の言葉」を、皆さまにお届けさせていただきます。

どうぞよろしくお願い致します。


ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。

合掌

Sarva Dharma Centre NOW
総務 奥野裕紀子


詳しくはこちら 
『今日の言葉』 -珠玉のメッセージ集-

 

ご登録はこちら

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2021.04.18 Sunday