真の教育のための学校 NOW

Normalized Organism for the World

new

2019 / 01 / 07  07:18

世界的ムーヴメントは、既に始まっている

 

このところ、何か発露がある度、同じメッセージを受け取りました。

 

「それも素晴らしいが、そのことをしている場合ではない。時間的猶予がないのだよ。最も大切なことから始めなさい。」

 

度々、その様に告げられました。

年末から年始にかけて、「ぜひさせていただきたい」と内発する、様々なことがありました。

手紙やメイルに電話、動画の編集、発振などなど・・・

既にご縁のある友人や知人に、ご挨拶やご報告をしたり、この大いなる潮流について分かち合う発露は、終始湧き上がってきていました。

 

しかし、殆どの場合、冒頭の様に、

「それも素晴らしいが、そのことをしている場合ではない。時間的猶予がないのだよ。最も大切なことから始めなさい。」

と、穏やかに諭されました。

 

発露への一致感は根強く、「何が最も大切か」を、にわかには捉えられず、度々、長時間の瞑想をしました。

その中で、昨夜(1月6日)、答えを受け取ることが出来ました。

 

「これまでご縁のある人たちには、既に充分伝えているし、充分伝わっている。後は、彼らの発露に委ねなさい。あなたは、あなた方のような人に出会い、伝えて行かなければいけない。」

 

それを伝えられて、はたと、これまでの「自分たち」を振り返ることができた。(以降、文体を「敬体」から「常体」に切り替える。)

 

・2016年秋、一枚の聖者の写真を見て、その無限の愛と宇宙のメッセージを受け取り、まだ会ったこともないその聖者について、伝え得る全ての人に紹介した。

・結果として、その一ヶ月後のダルシャンとサントサンガ(聖者の拝謁と講話)には、ご縁の中から、子供も含め100人近い人が参加した。

・「アートマ・クリヤ・ヨーガ」という響きに、「今こそ受ける時」とメッセージを受け取り、自らも未体験のその講座に、同志を集め、会場を押さえ、講師を招き、参加した。

・以降も度々、同様に、同志を集め、会場を押さえ、講師を招き、開催した。

・これらの結果、ご縁の中から、既に約50名の人がアートマ・クリヤ・ヨーガの伝授を受け、約150名の人が、ダルシャンやオーム・チャンティング(古代のグループヒーリング)を体験している。

・今後も、更に増え続けるのは、間違いない。

・そして、共に神実現に至るに違いない。

 

「あなた方のような人」という思いがけないキーワードに、メッセージの意味を理解した。

 

そういう人たちと、どんどん出会い、この流れを共有して行かなければ、このムーヴメントは、本来の流れを辿れない、ということだ。

 

これまでの、一連のメッセージの意味を理解した。

「2019年内に、1200人のオーム・チャンティングを行なう」という、かなりの突破を要するメッセージとも符合する。

「 ◆ 至高の目的 」という一連の文章を書かされている意味も、理解できる。

また、今朝、NOWのホームページ内に、新たに【NOW放送局】というページも作った。そこに、これからも、どんどん新しい動画をアップすることになるだろう。即ち、どんどん新たな出会いが用意されている、ということだ。

これらは、全て、同じメッセージである。

そこに、宇宙の本氣を感じる。

 

このことを理解でき、また、こうして分かち合えることに、深く感謝している。

OM namo NARAYANAYA(オーム ナモ ナラヤーナヤ)(これは、サンスクリット語のマントラ(真言)で、「この大いなる、唯一なる、全てなる宇宙大生命に、全てを捧げます」という祈りであり、「在るは、大いなる響き、大いなる実在のみ」という真理であり、それ以上のマントラである)

 

改めて、感謝の祈りを捧げる。

OM namo NARAYANAYA(オーム ナモ ナラヤーナヤ)

 

2019年1月7日

真の教育のための学校 NOW

鶴飼哲也

 

2019 / 01 / 04  21:11

2019年、ムーヴメントの年

 

明けましておめでとうございます。

 

2018年は、当初より「デビューの年」とのメッセージがありました。

 

改めて振り返ると、NOWと深く関わる全ての人が、例外なく、自らの役割、天命と出会い、社会において「働き」を開始していました。

正に、デビューを果たしていたのです。

 


2019年は、「ムーヴメント」というキーワードがあります。

人類規模の、神実現へのムーヴメントが、必ず起きます。(既に起きていますが、大いに拡大します。)

 

その流れの中で、非常に多くの人が、アートマ・クリヤ・ヨーガを始めることになるでしょう。

 

今はまだピンとこない人も、数年の内に、必ず、深く出会う時が来るはずです。

その意味で、「アートマ・クリヤ・ヨーガ」という名前だけでも、ぜひ覚えておいていただきたい。覚えてさえいれば、いつでも検索できますから。

 

※ アートマ・クリヤ・ヨーガのページは、こちらから入ることが出来ます

 


また、世界各地で行われている古代のグループヒーリング、「オーム・チャンティング」も、引き続き広く行われるでしょう。

 

この「オーム・チャンティング」は、人口の1%の平方根の人数が、同時に行なうと、その国が調和に向かって大きくシフトするそうです。

日本の場合は、1200人です。

 

2019年は、同じ時間に、日本各地で、1200人が同時にオーム・チャンティングを行なう機会も、必ず生じるでしょう。

 

※ オーム・チャンティングのページは、こちらから入ることが出来ます

 

 

2019年は、人類の歴史の中でも、非常に大きな意味を持つ年となるでしょう。

この様な、重要な時代を、共に生きていることに深い感慨と感謝を覚えます。

素晴らしい年と致しましょう。

いつもありがとうございます。

 

真の教育のための学校 NOW

馬渕貴子、鶴飼哲也

 

2018 / 12 / 24  13:50

今、人類が、最も分かち合うべきもの

 

私たち人類には、現象よりも遥かに大切なものがあります。

日常のあれこれよりも、地球環境や、政治や経済よりも、人間関係やビジネスよりも、家庭環境や健康状態よりも・・・


それは、内なる真実に目覚めることです。それさえあれば、時代がどの様な姿をとっても、揺るぎなく幸せで在れます。

そして、現象のすべては、心配せずとも、自ずと整って行くのです。全てに愛が溢れて来るのです。


しかし、もし、その目覚めがないまま、時代だけが混迷を極めたとしたら、揺るぎなく幸せで在る本来の自己を、見失ってしまうかもしれません。


今と言う時代以上に、この真実の目覚めこそが必要とされた時代は、無かったかもしれません。これまでは、常に別の選択があり得たからです。今は、もう、別の選択が残されていないのかもしれません。しかし、それは、ある意味、素晴らしい時代だと言えます。


どうぞ、このページをご覧ください。

https://nowprojectnow.org/free/aky

そして、内なる自己と対話してください。


嘘偽りなく、ただまっすぐに、今、人類が、最も分かち合うべきもの、そう確信するものを、ただただシェアします。

どうぞ、内なる真実の自己と向き合い、最高の瞬間を、最高の選択を、どこまでも深めてみてください。

https://nowprojectnow.org/free/aky


愛と感謝と共に。
いつもありがとうございます。

真の教育のための学校 NOW
鶴飼哲也

 

2018 / 12 / 10  14:53

「アートマ・クリヤ・ヨーガ」in 伊賀(12/22,23),in 東京(12/26,27)

人類の至宝とも言うべき、「アートマ・クリヤ・ヨーガ」という2日間のプログラムがあります。

https://nowprojectnow.org/free/aky

その奥行きを知れば知るほど、「人間である以上、受けない理由がない」と、はっきりと言い切ることが出来ます。

● 三重県伊賀市 2018年12月22日23日(土日)

● 東京都目黒区 2018年12月26日27日(水木)

講師 馬渕貴子

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://nowprojectnow.org/free/aky

 

 

2018 / 12 / 07  15:03

トークイベント・バジャン演奏 in 愛知一宮(2018年12月19日(水))

2018年12月19日(水)、愛知県一宮市にて、トークイベントが開催されます。

今回のトークイベントのテーマは、『真実の響き』です。

私たちが何かを伝える時、最も大切なのは、
その言葉、眼差し、一挙手一投足が、『真実の響き』をまとっているかどうかです。
 
何を語る時も、また、何も語らない時も、『真実の響き』が空間と共鳴していることが、何より大切です。

その共鳴を、会場の皆さまと共有します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

1 2 3 4
2019.06.17 Monday