いつもありがとうございます。

長らく暫定ページだったNOWのトップページが、「当面これで行く」というものとして与えられました。

どうぞご覧ください。

 

嘗て無いほど輝かしい「今」という時代

〜 今こそ「体現者」が集う時 〜


(収録:2021年7月)
【 なぜ今「体現者」が集うのか 】

=============================================
以下は、2020年12月21日〜2021年7月14日のトップページです。
時代の流れが明らかに観て取れる、重要な軌跡でもありますので、当面、このまま以下に掲載します。
=============================================

 

私たち人類は、これから、必ず 神なる自己 を実現します

その真の自然体を体現してはじめて

この本命の時代を生きることになります

Sarva Dharma Centre NOW は

神実現のプラットフォームです

(時代のシフトに押し出され、トップページがリニューアルされます。旧ページは、新ページ完成まで、このまま文末に続きます。)

※ 新ページ完成まで、暫定的に、時代の必然が見られる、或る手紙を掲載します。

・・・・・

(2020年12月21日)

親愛なる Awesome 7 の皆様へ
Awesome 7とは、天縁により寄せられた7名のユニット。詳しくはこちら。)

時代が一日一日、あからさまにシフトしている昨今です。

Awesome 7 の皆様と共有させていただくべきメッセージも、実に沢山与えられています。

しかし、どれも、今日これから共有させていただくことに比べれば、「枝葉」と言えます。

NOWでは、このムーヴメントを、中心になって共に進めていく十数名の同志があり、Team Sarva Dharma と呼んでいます。

その面々で、本日、以下の共有を致しました。

これは、まったくもって、Awesome 7 の皆様とも共有すべきことであり、、、人類がこれから歩むべき王道中の王道と言えます。

このことを、この様に分かち合うことが許されているこのご縁、この恩恵に、無限の感謝を捧げます。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
鶴飼哲也

/////

親愛なるTeam Sarva Dharma の皆様へ

この「掲示」へのコメントは、久しぶりですが、、、本日の神官Hさんとのやり取りをここにシェアします。

この間、私自身も含め、Team Sarva Dharmaの一人ひとりの体験した(している)「シフト」の偉大さは、言葉で表現できるものではありません。

もう、真なる領域へ突き抜けた人もいますし、今そのプロセスに在る人もいますが、、、それは、シンプルに、ただただ「時間の問題」です。

しかし、今日のHさんとのやり取りを通して、NOWの本質がより明確になり、また、私たち一人ひとりが、どこに導かれているのかも、一層明らかになりました。

まさに、これ以上ない完璧なタイミングで、このことを分かち合えることにこそ、神様の無限の恩恵を感じています。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
合掌
鶴飼哲也

/////

(様々な流れが一体となって展開する中、私がHさんにいくつかの質問をした流れからのやりとりです。)

Subject: Re: 御礼と、諸々の質問!です。
Date: Mon, 21 Dec 2020 10:44:28 +0900

真友 鶴飼哲也 さま

メールを一読、深く、、、合掌いたしました。
誠に、真に、ありがとうございます。
鶴飼さんがタイピングされる言葉と、、、それ以前の、、、言葉にされる以前の、、、ただ「それ」としか呼ぶことのできない、、、そこに、、、僕の内が、、、響き合うのを感じます、、、

(以下、具体的な内容につき、省略)

/////

H様

いつもありがとうございます。
「真友」、美しい響きです。
「響き」とは実に、「音」を超えていることを、改めて深く実感しております。
ありがとうございます。
ありがとうございます。

この完全な共鳴に、神の愛と永遠の神秘を実感せざるを得ません。

「宇宙文明」「風の時代の到来」「神との関係がシフトする」・・・などなど、、、
様々な人が、様々なところからメッセージを受け、怒濤の如く分かち合われていますが、、、
そしてそれらすべては、、、確かにその通りなのですが、、、

真に、この最奥の大愛に響くものの、実に少ないことに、、、不思議な驚きもまた感じています。

今の地球には、無限とも言える様々な宇宙文明から、様々な次元のメッセージが与えられています。それぞれの星からの出張者も沢山あります。

そのいずれもが、確かに、今の地球よりも遙かに高度に進化した文明を実現していますが、、、しかし、彼らの殆どは、「地球」と呼ばれるこの星が、「体験事象」を超えた、「本源たる大愛」に回帰することを真に選んでいることを、深く理解し、、、真摯に共感を示そうとはしていません。

彼らは、命が永遠であること、決して死なないこと、この宇宙は何でもありで、タブーはないこと、したい体験は何だってできることを、本当によくよく知っています。そして、それを人類にも分かち合おうとしています。

しかし、お釈迦様が仰った通り、、、どれほど光に満ちた素晴らしい体験であれ、、、即ち、極楽といえど、闇の六界であり、、、輪廻の内側、影の中、真なる領域の大外周り、小我の遊戯場であることに、まだ氣づいておらず、、、この大宇宙という運動場での、もっと楽しい遊び方を分かち合おうとしている、という自己の現在地を自覚していない場合が殆どです。

それらは、今の地球人類にとっては、明らかなミスリードです。

私たち人類が、今こそ見詰めるべきは、、、万象万有の源であり、原動力であり、フィールドであり、、、それらすべてを遙かに超越する、、、この大いなる大愛への完全なる回帰、合一、、、ただそれ一点であります。

そのことを、ただただ全存在と無限の愛で示し、導いてくださっている真実の神・アヴァター・大師と巡り会えていること、、、そして、常に彼らとの合一を深め続けることができる祝之神事アートマ・クリヤ・ヨーガは、、、本当に、神様からの最高の贈り物だと、、、本当に深く実感しています。この感謝と喜びの深さは、、、完全な静寂をもってでしか、感受も共有もできません。。。

多くの聖者が、「その様な究極の真実に遭遇できるのは、宇宙広しと言えど、数億年に一度あるかないかの奇跡だ」とおっしゃるこの真実と、その圧倒的恩恵の無限性を、、、これほど実感できる時代はありません。

そのことを、言葉で分かち合わずとも、、、これ程までに全く完全に共有、共感し、響き合うことを許されている魂は、、、一体どれほど存在しているのでしょう。。。

神縁賜ったこの恩恵に、、、類い希なるその存在に、、、
ありがとうございます。
ありがとうございます。
合掌 九拝
鶴飼哲也

/////

真友 鶴飼さま!

まさに、まさに、まさに!!!!!!!!! 何度も、何度も、繰り返し、繰り返し、同意しても、同意しても、同意し尽くせぬほど!!!!! 同意します!!!!!!
本当に、本当に、その通りです!!!!!

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。

合掌 九拝
H 拝

/////

OM namo NARAYANAYA
OM namo NARAYANAYA
OM namo NARAYANAYA

親愛なる同志同胞、Team Sarva Dharma のお一人お一人へ
最大の親愛と愛敬と共に
令和二年十二月二十一日
鶴飼哲也

・・・・・・・・・・・

トップページには、ここ3年以上の間に収録された複数の動画が掲載されていますが、いずれも「普遍性」に満ちており、今観ても、全く遜色ないことに、新鮮な驚きを覚えます。

同時に、「今」という時代が最終局面を迎えている、その圧倒的臨場感に関しては、天と地の開きを感じます。

幾つか掲載します。必然を感じられる方は、どうぞご覧ください。

私たちがするべき唯一のこと


(2020年8月12日撮影)

この動画は、このムーヴメントを共に進めて行く同志に向けて収録されたビデオレターです。ある覚者は、、、
「この動画は、どの人も『100回視聴』して、この真実を常に実感できるように体質化したら良い。」と笑います。

今まさに進行している、人類の意識の再編の只中において、NOWも、その役割と名称がシフトします。

その移行期に、必然的に生まれた、即興の講話(勉強会)では、
これからの地球を生きる全ての人が、最初に識っておくべきことが一貫したテーマとなりました。

 (2020年5月30日 愛知県名古屋市にて)

吾妻由梨さんのインタビューを通して(インタビュアー:鶴飼哲也)
(2019年2月17日撮影)

※ 動画内の各項目は、以下に詳しくご紹介しています。
ACT YOGA / アートマ・クリヤ・ヨーガ

※ ある日のトークイベントの中に、真の教育のための学校 NOW の今が映し出されています。

ゲスト:スワミニ・ダヤマティ、馬渕貴子 (進行:鶴飼哲也)

 

(2018年12月19日) 

※ 動画内のアートマ・クリヤ・ヨーガのページは、こちらから入ることが出来ます。

 真の教育のための学校 NOW について

(2018.07.21収録)

 話し手:鶴飼哲也(つるかいてつや)

この偉大なご縁に、、、存在とお働きに、、、深く感謝しています。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

合掌 禮拝

 

令和三年七月十五日

Sarva Dharma Centre NOW
共同代表:鶴飼哲也

Comments are closed


new