「自分」が「生きている」という感覚に住む人は、「感情」の占め […]

new