Sarva Dharma Centre NOW

私たち万類は、いよいよ大いなるイノチとして、ひとつに共鳴する時を迎えています。その光の起点となる人たちが、神縁によって次々に結ばれ続けています。ありがとうございます。

 0745-88-9014
お問い合わせ

【Open Viewing】 ~ 真の領域に漕ぎ出す ~

周りからの要請もあり、天からの要請もあり、毎日一コマだけセットします。

人は、本人が認識出来ない状態で自己真実に固まっていることが多く、真理を体得したいと思いつつ、それを大きくView(眺める)という視野が開いていません。

それ故、内観を試みたり、深めて見ても、自己の小さな視野の範囲をグルグルしており、前に進んでいないことが多々あります。

意識のシフトというのは、このViewingが開いて来ないと、視界が自己真実の視界のままで、マインドの中を彷徨っているに過ぎません。

これを実現するのは、自己を捧げ切ったサーダナを真摯に日々続けることです。

ただ、その日々のサーダナを続ける意識や姿勢も、自己の範囲から、未踏の領域に一機に漕ぎ出してしまうことが出来ます。シンプルな真理に照らし、サラサラと自己の視点を、真理に根差した視点にシフトさせてしまえば良いのです。

このような知性のヨーガ(ギアナヨーガ)は、サーダナ自体も、さらに意義のある奥深いものにすることでしょう。

 

担当:馬渕貴子

時間:50分(毎日1名限定:予約制)

対象:真の自己に出会い、真の貢献を起こす人生を望んでいる方
(馬渕は、その為だけに仕えているので)

形態:対面、又はZOOM

Fee:喜捨
※ 寄付と喜捨は、意味が逆です。
寄付とはdonation、語源はラテン語で、「贈り物」という意味。寄付する側が、対象に贈り物をしているというニュアンスがあります。喜捨は仏教用語で、惜しむことなく、喜んで施捨する行為のこと。価値を受け取った者が、感謝と共に大いなるものに捧げるものです。
喜捨を受けた者は、自分に向けられたもので無いことも知り抜いている必要があり、宇宙の全てにとっての最高最善の為に、その喜捨を捧げる責任を有します。

※ 喜捨は、手渡し、喜捨箱、振込等、いずれの方法でもお受けします。

【振込先】

<ゆうちょ同士の振替>
記号:14550 番号:25610271
名義:シンノキョウイクノタメノガッコウナウプロジェクト

<他行からの振込>
ゆうちょ銀行 店番458 
普通預金 口座番号2561027
名義:シンノキョウイクノタメノガッコウナウプロジェクト

 

 

【Be Sarva Dharma】 ~ ダルマを発動させる珠玉の3ヶ月 ~

【Open Viewing】 ~ 真の領域に漕ぎ出す ~

【Self Viewing】 ~ 大生命(Self)を自覚する ~

 ※ これら3つのプログラムは、互いに連動していますが、それぞれ独立したプログラムです。

  「Open Viewing」と「Self Viewing」は、それぞれ単体(単発)で受けることも可能です。   

 

2021.10.16 Saturday