「どんなにスムーズで楽しい日常でも、魂が打ち震えていなければ、本当の意味で生きているとは言えません。」

若い頃に聞いた、ある覚者の言葉です。
とても大きな衝撃を受け、大いに自問と内観を繰り返したのを覚えています。

その言葉の真の意味を、はっきりと確認することができたインタビューをご紹介します。

是非ご覧ください。

鶴飼哲也

 

Categories:

Comments are closed


new