2020年は、言葉に尽くせぬ偉大な一年となりました。

私たち自身も含め、ご縁の深い人たちの多くが、発願を成就した年でした。魂の最奥から、人類万類への「真の貢献」のために発願し、それが悉く聞き届けられ、叶えられて行く様を拝み続けた、限りなく偉大な令和二年でした。

これからの時代、全人類的に、その傾向は、更に強まるでしょう。

・普遍の摂理を、体感的に確認することで、これまでの学びが一元に統合されました。

・Sarva Dharma Centre NOW という、未来永劫変わることのない、名前と役割を授かりました。

・魂の同志との出遭い、再会、絶え間ない成長の分かち合いが、次々に与えられました。

・多くの同志が、状況の如何に依らず、常に最奥の大愛を、揺るぎなく実感し始めています。

アートマ・クリヤ・ヨーガ等を通して降ろされる恩恵の偉大さを確認し、人類の神実現を確信しました。

限りなく素晴らしい日々です。

令和三年は、人類規模の神実現が、より確かな形で目に見えるようになるでしょう。

存在とお働きに感謝いたします。
ありがとうございます。
合掌

Sarva Dharma Centre NOW
共同代表 鶴飼哲也、馬渕貴子

 

Comments are closed


new