その喜びは、言葉に尽くせるものではありません。

 

その輝きは、その人のすべてを通して、余りにも明らかに顕われ出ています。

 

画家 栁瀬雅夫さんと一日を過ごし、インタビューをさせてもらえたことは、恩恵以外の何ものでもありません。

 

人一人の存在と在り方は、これほど自然に、これほど力強く、深く、深く浸透するということを、彼は、彼自身のありのままを通して、惜しみなく分ち合ってくれました。

 

栁瀬雅夫インタビュー『真実の世界』2021年9月7日 ①「暮行く御神木の下で」

 

栁瀬雅夫インタビュー『真実の世界』2021年9月7日 ②「アトリエという名の神殿」

 

どうぞ、この美しき共鳴を、すべての呼吸の中に、すべての細胞の脈動に、イノチの鼓動の奥に、、、存分にご堪能ください。

 

この共鳴は、何度となく反芻され、私自身の人生に、最も重要な変容をもたらすでしょう。

 

ありがとうございます。
ありがとうございます。

合掌

Sarva Dharma Centre NOW
鶴飼哲也

Comments are closed


new