明けましておめでとうございます。

「祈りの無限力」が時空に露わになる令和四年が、いよいよ幕を開けました。

私たち人類は、この精緻で底深い世界をはっきりと認識しつつ、全体としてトータルに次なる次元へと突き抜けることになります。

 

肉体生命に執着があると、病や事故を通して、永遠の生命とその至福、遍満する絶対的完全性を悟る機会を、自ら遠ざけてしまいがちです。

同じように、現象世界の整いに執着があると、未曾有の混乱(かのような現象)を通して、永遠の生命とその至福、遍満する絶対的完全性を人類全体として悟る機会を自ら遠ざけてしまうことになります。

 

私たちは、その自覚の有る無しに係わらず、総体として、大いなるひとつイノチの完全性を共同創造しています。その大いなる必然の外側に存在することは、何人たりとも不可能です。

この究極の真実を、どこまでも深く認識しつつ、共に体験していける奇跡は、この宇宙のシステムを通してでしか体験し得ないものです。

この恩恵を、どこまでも深く、共に体験して行きましょう。

 

元日である本日から40日間、総勢約50名で、最終的に1時間、共に究極のマントラの一つである「OM namo NARAYANAYA」を唱え、自身に起きる決定的変容を共に体験する機会が始まります。

プロジェクト・マントラ – Sarva Dharma Centre NOW (nowprojectnow.org)

このプロジェクト・マントラの主たる目的は、個々の変容とその体験ですが、それを超えた大いなる変容が共に体験されることは間違いありません。

 

世界中で同時に進行している同様のムーヴメントに、人類に与えられている偉大な体験を予感せざるを得ません。

 

改めまして、明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いします。

 

全存在に感謝を込めて

合掌 禮拝

 

令和四年一月一日

Sarva Dharma Centre NOW
共同代表 鶴飼哲也、馬渕貴子

 

 

Comments are closed


new