Sarva Dharma Centre NOW

私たち万類は、いよいよ大いなるイノチとして、ひとつに共鳴する時を迎えています。その光の起点となる人たちが、神縁によって次々に結ばれ続けています。ありがとうございます。

 0745-88-9014
お問い合わせ

new

2021 / 03 / 07  06:42

馬渕貴子 インタビュー(2021年3月5日 収録)

執筆:奥野裕紀子 奥野裕紀子.jpg

親愛なる皆さま
いつもありがとうございます。

今日は、皆さまに、アートマ・クリヤ・ヨーガ(AKY)ティーチャー馬渕貴子さんのインタビュー動画を、ご覧いただきたいと思います。

私は、皆さまより一足先に動画を見させていただきましたが、馬渕さんのなんと美しいこと!
インタビューが進むにつれ、神々しさが増し、光が強くなって行くのが、一目瞭然でした。

動画の中、AKYティーチャーになった経緯が語られている時、私の中に「ある出来事」が鮮やかに蘇りました。
それは、馬渕さんが帰国された直後、旅の報告を兼ねた講演会が開催された時のことです。

その日、私は、早めに会場入りし、設営作業をしていました。
暫くすると、馬渕さんが現れ、久しぶりにお会いする喜びに、思わず駆け寄り、「お帰りなさい!」と言いました。

その直後から、何故だか泣けてきて、泣けてきて、最後まで涙が止まらなくなってしまったのです。
理由も分からぬまま、唯々、ずっと泣いていました。

あれから、ずいぶん時が流れ、そんなことがあったことも忘れていましたが、この動画がその記憶を呼び覚ましてくれました。

そして、再度、あの時の涙の訳に思いを馳せてみました。

馬渕さんが、旅の途中で立ち寄ったドイツで、スワミ・ヴィシュワナンダと出逢われたことで、
遂に私もこの霊性の道において、 自分の「師」となるサットグルに、もうすぐ出逢えるであろう事を、私の魂が、私の意識を遙かに超えたところで察知し、
その歓びが、あの涙となって込み上げてきたのだと、時を超え、今はっきりと分かりました。

私の魂は、あの時既に、「師」と出逢える約束を知っていたのです。


前座?が随分長くなりました・・・(苦笑)

今日は、まず何より、この珠玉のインタビュー映像を、どうぞご堪能ください。


 

AKYティーチャー 馬渕貴子 インタビュー(2021年3月5日 収録)

詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。
 

この体験を皆様と分かち合えましたこと、とても嬉しく存じます。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。

Sarva Dharma Centre NOW
総務 奥野裕紀子
 

 

詳しくは、こちらをご覧ください。
人類の至宝「アートマ・クリヤ・ヨーガ」

 

2021.08.04 Wednesday