Sarva Dharma Centre NOW

私たち万類は、いよいよ大いなるイノチとして、ひとつに共鳴する時を迎えています。その光の起点となる人たちが、神縁によって次々に結ばれ続けています。ありがとうございます。

 0745-88-9014
お問い合わせ

new

2021 / 04 / 25  18:22

AWESOME ONE(仮称)を始める日

(このページは非公開です。)

親愛なる皆様へ

「本日より、AWESOME ONE(仮称)を始めるように」とのメッセージを受けました。本日とは2021年4月25日のことですが、、、「AWESOME ONE」なるものについて、まず共有させていただきます。

「Awesome 7」なるものをご存知の方は、「あっ、似てる。それ繋がりかな?」と思われたかも知れません。(Awesome 7については、こちらをご覧ください。)

しかし、「AWESOME ONE」とは、「たった一つの大いなるもの」ということですから、ベクトルが正反対です。

そして、このページは非公開であり、このグループもとても限定的なものです。


詳しくご説明します。

経緯は、こうです。

今年1月中旬に「あなた(というかお前というか。中間的なニュアンスなのですが。。。)は、ニュースレターを卒業しました。次の人、次の流れに意識を向けなさい。」とのメッセージがあり、NOW総務の奥野さんが2月から発振担当を引き受け、新たなスタートを切りました。

新たなステージを引き受け、飛び込むと、より強い光が注がれ、今まで潜在していた闇が顕在化します。奥野さんにもそれが連続し、シフトと混乱を繰り返しつつ前進しています。そんな中、2月3月と様々な形で彼女のシフトと発振、そしてNOWの発振を支援しました。側面支援や、時に自らも記事を書きつつ。。。

そして、4月7日に記事を掲載した時、「今後、あなたがNOWのニュースレターを発信することは無い。体現者が参集する機会を実現しなさい。」とのメッセージを受けました。

「そのダルマがあり、既に準備ができている人たちが、一般には公開できないレベルの共有をしながら、共に進んで行く時を迎えている」ということでした。

ことを進める上で、一人ひとりの内側から内発するものこそが重要であり、個人の感覚はとても大切なのですが、ここで一つ大きな問題があります。

非常に多くの場合、準備ができている人ほど、「私にはまだまだ準備ができていない」と言い、まだ整いが浅い人が、「我こそは・・・」と言う傾向が強いのです。

そこで伝えられたのは、、、「永遠の生命をあるレベル以上実感している人は、現象に呑まれない。常に何があっても大ごとにならない。ゆったりと大らかに構えている。例えば、イエスは決して犠牲の象徴では無く、彼はあの状況下でも限りなく清々しく、幸せであった。我が身に起きることは、先んじて知っていたし、それを回避する力もあったが、彼は自らに与えられたダルマとその意義をただ受け入れ、歓喜の内にそれにすべてを捧げたのだ。彼は元より大生命それ自体を自覚していたので、現象のすべてを超えたところに彼の実感は存在していた。その様な人が集う必要がある。イエスほどに完全では無くとも、これが真実であることを実感レベルで認識し、極限まで追い込まれた中でさえ、その真実に自分自身を導くことを諦めない人であることは、本当に重要だ。ある条件が揃ったら、反転現象が起き、ネガティブに呑み込まれ、自分や他人や環境のいずれかを傷つける可能性があるなら、更なる準備が必要である、ということだ。」ということでした。

この「AWESOME ONE」には、
・概要を共有する公開部分
・現在地の確認精査のプロセス
・非公開のコンテンツの共有(文章や動画)
・定期的な集いや祈りの機会(リモートや実地など)
などが備わって行くことになるでしょう。


「本日より、AWESOME ONE(仮称)を始めるように」とのメッセージがありましたが、今、既に22:45です。
共有されるべきメッセージはまだまだありますが、、、詳細を整えるのは、また追って、ということにし、、、

ご本人の感覚の確認が必要ない(と明らかに感じられる)数名にこのページをご案内することをもって、「AWESOME ONE」の船出とさせていただきます。

OM namo NARAYANAYA
OM namo NARAYANAYA
OM namo NARAYANAYA

令和三年四月二十五日
鶴飼 哲也 拝


追伸:
本日メイルを送らせていただいた方は7名の方でした。今後、その数はどんどん増えて行きますが、その都度お互いの感覚を確認させていただいた上で、それぞれの方が互いに認識し合える様に致します。ありがとうございます。ありがとうございます。合掌

 

※ ここまでご覧になって、この先の非公開情報が自らにも共有される必然を感じられる方は、こちらのフォームにメールアドレスをご入力ください。最初の動画のURLを自動送信にてお届け致します。ありがとうございます。

メールアドレスのご入力フォーム

 

 

※ また、「もう少し準備が必要かもしれない」と感じられる方は、こちらをご覧ください。



ありがとうございます。
ありがとうございます。
合掌

 

 

2021.10.16 Saturday